記事一覧

やる夫と黒子の大冒険 の感想

おちんちんバズーカというハンドルネームに目が奪われるがそれとは裏腹に重いシリアスで考えさせられるファンタジーなスレ。完結済み。全15話くらい。御坂美琴、白井黒子、川嶋亜美、東横桃子、真紅、アルトリア・ペンドラゴン、桂言葉などが登場。やる夫と黒子の大冒険、というタイトルなのだけど2人の大冒険という話ではなく登場キャラクターそれぞれの過去や目的に迫っていく話のほうが多い。オムニバス形式で関係無いと思われ...

続きを読む

ハーレムを形成しているやる夫が女の子とイチャイチャするお! の感想

タイトルに嘘はないが主人公はそのお陰で割を食っているやらない夫で過去に戻ってやり直しを始めるスレ。エター。アルトリア・ペンドラゴン、初音ミク、キョン子、高町なのは、泉こなたが登場。憧れの人を含めて夜な夜な嬌声が聞こえてくる生活に耐えかね謎の生物キュウべぇの誘いに乗り過去に戻ったやらない夫。未来の知識を活かして生活していくことになる。何かしら企みがあるらしいキュウべぇ。この時点でキョン子を一人前の冒...

続きを読む

翠星石は夢を見ているようです の感想

「ドラゴンクエストⅥ」を原作としたオリジナル色の強いスレ。完結済み。全52話。蒼星石、翠星石、泉こなた、サン(もののけ姫)、アルトリア・ペンドラゴン、沙耶、読子・リードマン、碇ユイなどが登場。概ね真面目なファンタジーだがギャグ描写も挟んでくる。男であり記憶喪失の蒼星石が色々有って此処が夢であることに早々に気付き妹のこなたに相応しい男となるため村を出ていくことになるのだが、タイトルやプロローグから察せ...

続きを読む

あるひ、せかいがおっこちて の感想

所謂ヒーロー協会が存在するような世界を舞台にしたスレ。エター。巴マミ、暁美ほむら、巡音ルカ、アルトリア・ペンドラゴンなどが登場。ある日突然能力に目覚める人が出てきてしまったら?という世界観。生活に困ったやらない夫が新薬実験の仕事に向かいトラブルに巻き込まれながら謎を小出しにして興味を惹いてくる作りになっている。全く何もかもが謎のまま早々にエターしてしまったのでショックは少なかったがやらない夫の予知...

続きを読む

【安価】やる夫は独裁制を布くようです の感想

革命により絶対権力者の総統となったやる夫が各派閥の機嫌を取りながら内政を行い戦争したりするスレ。完結済み。全89話。雪代巴、リインフォース、高町なのは、先代巫女、ミーナ・ディートリンデ・ヴィルケ、立花・誾、アルトリア・ペンドラゴン、ネロ・クラウディウス(Fate)など多数登場。各派閥は予算取りに大体ギスギスしてるけどやる夫への忠誠だけは揺るがないためやる夫が調整役として宥めすかしていく事になる。派閥同士...

続きを読む

やらない夫は職探しをするようです の感想

人外共が住むアパートの管理人として人外共の職探しをする事になったギャグスレ。エター。ベアトリーチェ、メドゥーサ(Fate)、アルトリア・ペンドラゴン、小牟、ホロが登場。やる夫に怪しげな仕事を紹介されて案の定だったという流れから各人外の世話をやらない夫が行うことになる。価値観が中世騎士な以外は比較的まともなセイバー、没落貴族で尊大な吸血鬼のデミトリ、イタズラ好きなお姉さんと言った感じのライダー、見た目も...

続きを読む

やる夫達は勇者だったようです の感想

もしも勇者への転職が解禁され誰でも勇者になれるとしたら?という設定の「ドラゴンクエストⅢ」を原作としたスレ。エター。美樹さやか、佐倉杏子、暁美ほむら、水銀燈、長門有希、アルトリア・ペンドラゴン、霧雨魔理沙、桂言葉、キョン子など多数登場。話としては原作本来の勇者のポジションであるやる夫がアカギと旅をして様々な人々と出会いながら成長していく王道。掛け合いは概ねコミカルでノリは軽い。ただやらない夫PTは死...

続きを読む

伝説の勇者やる夫 の感想

ラダトーム城が陥落し勇者の子孫に助けを求めに行くがそこにいたのはヨボヨボのお爺さんと竜王を名乗る美少女だった、という所から始まる「ドラゴンクエストⅠ」を原作としたオリジナリティの色が強いスレ。完結済み。全8話。御坂美琴、アルトリア・ペンドラゴン、初音ミク、レン(月姫)、ペリーヌ・クロステルマン、山田葵が登場。最初の話が3話と成っているが読む順はこれで正しい。話数は時系列を表しており時々3話の前が語られ...

続きを読む

肯定無慧な の感想

「はい」としか言わないできる夫の腕が無限に伸び家屋に侵入し中に居たセイバーが食べるというシュールな1話から始まるスレ。エター。アルトリア・ペンドラゴン、松岡美羽などが登場。できる夫は無表情で「はい」としか言わない。しかし両方の腕を食べられてしまった時は泣いてるのを見るに全くの無感情というわけでもないようだ。できる夫が答えるまでに独特の間が入ることがあり、それが葛藤を表しているのかも知れない。セイバ...

続きを読む

やらない夫は混ざり染め合う町で生きるようです の感想

ファンタジー的にそれぞれ違う7つの世界の国と現代日本が入り混じった異界融合区『混染町』で生きる人達を描いたスレ。エター。暁美ほむら、十六夜咲夜、 風見幽香、パチュリー・ノーレッジ、比那名居天子、アルトリア(Fate)、玉藻(Fate)、シグナム、シュテルなど多数登場。混染町で働いているやらない夫。ある時トラブルに巻き込まれアルトリアを匿う事になるのだが、様々な事情から他の人達も暮らすことになり予告の状態が作...

続きを読む

まとめと感想サイトRSS

検索フォーム

タグリスト

シンプル親子カテゴリ

月別アーカイブ(タブ)

 

アクセスランキング

忍者広告




PVアクセスランキング にほんブログ村