記事一覧

アビス・コーリング〜元廃課金ゲーマーが最低最悪のソシャゲ異世界に召喚されたら〜 の感想

気違い主人公が周囲を振り回しながら暴れまわるゲーム異世界召喚物。完結済み。全145話。あらすじの闇に挑む勇敢なる召喚士達の物語の闇は主人公の事なんだと思う。光属性の主人公が大いなる闇に立ち向かうような話では無い。達でも無いだろうし。最低最悪のソシャゲと謳っているがバグまみれとかの意味ではなくインフレが凄いとか集金がエグいとかでソシャゲを知っているならよく耳にする批判部分ばかりでそこまで酷いゲームには...

続きを読む

本土航空戦1937―――蒼空の防人 の感想

日露戦争で早々に朝鮮半島は北と南に別れたり不利な条約を結んだもしもの世界の仮想戦記。完結済み。色々あって半島からも叩き出され各国の支援を受けた中国と孤立した日本の航空戦を描いている。各国の支援を受けている中国側の機体が国際色豊かで、ドイツやアメリカやソ連の機体が混じって飛んでいたりするのが面白い。物語は主人公である天満少尉の視点で語られる。航空機の操縦の難しさが雰囲気として伝わってくるし空中戦の描...

続きを読む

マインスイーパ ~二人の地雷処理者~ の感想

えっ!マインスイーパでバトル物を!?できらあ!な作品。完結済み。とある理由からマインスイーパ漬けの日々を送っていた主人公。ある日仲間内で大会を開くことになり本気を出すまでも無いと判断し手を抜くが、自分より七秒も早い相手が居た。そしてその相手からは「──次は、自分のマウスを使うんだな」と言われる。痺れるほど格好良い。ゲーム自体は単純で盛り上がる要素もないのに話の持って行き方で緊迫感を出している。凄い。...

続きを読む

ウォールド・ウォー -草食ゲーマー男子と世界の事情- の感想

ネットの仮想空間で行われる近未来ロボットバトル物。完結済み。BALDRシリーズを連想させる。ロボット同士のバトル描写に迫力があり面白い。狂気の科学者が突如としてネットワーク上での侵略戦争<ウォールドウォー>を開始し、それから五年後が舞台となっている。挿絵も有りロボの外観が一応把握できる。ゲームで高得点を取ったらそのゲームはシミュレーターでスカウトされる流れ。こういうの良いよねワクワクする。主人公は太っ...

続きを読む

聖剣はケツに刺す ~勇者だけど世界救ったら暇になった~ の感想

タイトルの期待を裏切らずかなり頭のおかしいギャグコメディ。完結済み。その割に文章はしっかりしている方なので台詞のテンションとのギャップに笑うことも有る。また下品ではあるが聖剣をケツに刺すのはここぞという時なので常にシモネタまみれのお下劣ギャグというわけではない。キャラクターも個性的で相対的にまともに見える主人公、ドラクエ7のマリベルを思い出されるくらいのガチツン9デレ1のローリエ、ホモに目覚めるセル...

続きを読む

偏差値10の俺がい世界で知恵の勇者になれたワケ の感想

一発ネタに近いギャグ小説で6話で終わる短編。コケにした内容なのかなあと思いつつ試しに読んでみた所一応オチは良い話として爽やかだしギャグなので読みやすくそこそこ面白かった。地の文は普通だが登場人物のバカっぷりが凄い。数を数えられないのは当たり前、聖剣の封印は棒とバナナと踏み台の有名なあのテストで異世界の人は当然解けなくて、それを主人公が解いて万歳される。物凄く低レベルな争いを若干マシな主人公が知恵で...

続きを読む

ソ連の宇宙技術は最強過ぎたのだが、それを西側諸国が完全に理解したのはつい最近だった の感想

真相はどうあれ説得力がありお話として十分面白いエッセイのような何か。完結済み。何故ロシアが宇宙技術の公開に踏み切ったのか、米ソの技術ギャップなどを面白おかしく解説している。中でもトイレ事情は面白かった。ウンコの対処に七難八苦する様子は笑いごとではないが笑ってしまう。そして水循環システムの凄さなどその発想は無かったような技術的な解決などとても興味深い。一方ロシアは鉛筆を使ったというジョークが心で理解...

続きを読む

ねらわれた童貞学園 の感想

目を疑うタイトルの通りでギャグに振り切った作品。完結済み。しかし意外にも作りはしっかりしている。王道の能力バトル学園物的な感じがする。ただ熱い展開であろうと童貞力というワードに集約されるのが笑ってしまう。格好良さげでも童貞が起点なんだよなと考えてしまうせいで。童貞力の他にもモテナイオーラ略して藻ーラとか暗黒面に堕ちた者の童貞力は桁が違うとか言葉遣いに思わず吹き出してしまう。「さっきから『一般童貞』...

続きを読む

SUPER LUCKY # 4 の感想

世の中を斜めに見ていて毎日が退屈で無気力に生きているという感じの高校生で最初は読んでいてうわああああ!!って心の古傷を抉られる印象を受けたのだけど文章が読みやすいし読んでいく内に嵌った作品。完結済み。お話としてはそういう主人公がある日偶然願い事を叶えてくれる超幸運と邂逅を果たし人生が少しずつ良い方向に変わっていく話。ヒューマンドラマというジャンルになっていたが実にしっくり来た。願いことを叶えてくれ...

続きを読む

僕の周りの変人達の狂想曲への憂い の感想

やや硬めの文章ながらテンポが良くサクサク読めるコメディの色が強い作品。完結済み。特に最初の数話はお下品とも言うべきシモネタまみれで一見引いてしまうところがある。ウンコオシッコは大丈夫でもセックスが入るとどうも引いてしまう。全体的に下品な所はあるが強烈なまでなのは最初の数話のみなのでそこが受け付けなくてもしばらくは読んでみて欲しい。ノリはラノベに近いのだが文章は文学作品に近い。馬鹿なことをしているの...

続きを読む

まとめと感想サイトRSS

タグリスト

シンプル親子カテゴリ

月別アーカイブ(タブ)

 

アクセスランキング

忍者広告




PVアクセスランキング にほんブログ村