記事一覧

異世界国家アルキマイラ ―最弱の王と無双の軍勢― の感想

VRの戦略シミュレーションゲームで育てた軍団事異世界に転移するお話。連載中。タイトルにある通り主人公であり国の王であるヘリアンは戦闘能力を持たないという不安を抱えながら自分が育て上げた最強の軍勢に指示を出さなければならない。ゲームのシステムには忠誠度みたいな物があり反乱もあるので、それに気をつけなければいけないのが大変そうだった。第一章では周りの情報収集、現地人との接触、これ系のお約束である庇護を決...

続きを読む

本土航空戦1937―――蒼空の防人 の感想

日露戦争で早々に朝鮮半島は北と南に別れたり不利な条約を結んだもしもの世界の仮想戦記。完結済み。色々あって半島からも叩き出され各国の支援を受けた中国と孤立した日本の航空戦を描いている。各国の支援を受けている中国側の機体が国際色豊かで、ドイツやアメリカやソ連の機体が混じって飛んでいたりするのが面白い。物語は主人公である天満少尉の視点で語られる。航空機の操縦の難しさが雰囲気として伝わってくるし空中戦の描...

続きを読む

ホット・ペッパー  波乱の訓練期間編 の感想

西暦1974年、大東亜戦争を辛勝したIFの日本で召集令状(ホット・ペッパー)を受け取った主人公の軍隊生活を描いた作品。完結済み。波乱の訓練期間編では訓練期間の三ヶ月を描いている。各キャラは名前ではなく番長やハカセ、ヒッピー君など愛称で呼ばれているのが個人的に分かりやすく読みやすかった。日本はアメリカを中心とした西側陣営として東側のソ連や中共、北朝鮮と対立しているので、いまだに国民の義務として徴兵制が維持...

続きを読む

昭南疾風空戦録 の感想

大日本帝国が異世界に転移した系の話。エター。タイトル通り空戦描写に力を入れられている。ワイバーンを撃ち落としたり魔法の防衛システムな拠点を破壊したりと活躍する。個人サイトで公開しているのだけど自分の環境では文字が小さく見えたので拡大する必要があるかもしれない。ファンタジーな同盟国との交流、視点の違いによるお互いが抱いてる感情なども面白い。異世界文化交流はこの手の話の醍醐味だと思う。97式戦、ゼロ戦、...

続きを読む

帝國召喚 の感想

大日本帝国が異世界に召喚されたらという架空戦記。エター。旧版と新版があり両者の展開は真逆とも言えるほど違った。全体的にこれと言った主観となる主人公のような存在がおらずその場その場で戦場や交渉の場にスポットライトが当てられる。旧版は日本軍TUEEEEEとも言うべき展開が終始繰り広げられる。ゼロ戦がワイバーンを撃ち落としチハは戦竜を吹き飛ばし歩兵は銃で薙ぎ払う。異世界軍は為す術もなくやられてカルチャーショッ...

続きを読む

まとめと感想サイトRSS

タグリスト

シンプル親子カテゴリ

月別アーカイブ(タブ)

 

アクセスランキング

忍者広告




PVアクセスランキング にほんブログ村