記事一覧

銀の旅劇団 の感想

我こそはこの世の主役と言って憚らないゴーイングマイウェイなセイバー(AAは赤王)が乱世の世を大立回りするファンタジー戦記スレ。エター。ネロ・クラウディウス(Fate)、シャルロット・デュノアが登場。村に襲い来るクルハ軍の襲撃を撃退していたセイバーだがある日本格的な傭兵集団であるライト率いる刹那とカズマ(スクライド)と対峙することに成る。持ち前の剣技で無双し叩きのめしてそのまま配下にし銀の旅劇団結成という...

続きを読む

【R-18】やる夫は悪人になりきれないようです の感想

女神転生シリーズを原作とし、ファントムソサエティで働く新米ダークサマナーの活動を描いたスレ。エター。シャルロット・デュノア、八雲紫、キョン子などが登場。R-18は付いていなかったがワンシーンだけキョン子のエロがあるため付けた。やる夫が八雲紫に死ぬか組織の一員になるか選ばされて一員になるのを選んだ事がさらっと1話で流される程度で具体的に過去に何があったかは言及されない。パートナーとして渡されたピクシーの...

続きを読む

やる夫は才能豊かな劣等生 の感想

ファンタジーの魔法学校なゲーム「マジカルバケーション」を原作としたスレ。エター。ニャル子、真紅、水銀燈、シャルロット・デュノア、初音ミク、輿水幸子、渋谷凛、八神はやて、ホロなど多数登場。才能を見いだされたやる夫は学園に強制的に入学させられることになるが当然そんな事でやる気が出るわけもなく腐って無為に時間を過ごす。空気としてはシリアス寄り。少なくともギャグの空気は少ない。陰謀野望渦巻く腹黒暗黒学園と...

続きを読む

ギャル夫のれんあいぶつ の感想

コミュ障だらけのギャグの空気満載なラブコメスレ。完結済み。全13話。水銀燈、真紅、アリス・マーガトロイド、シャルロット・デュノア、千反田える、ヴィータ、フェイト・テスタロッサらが登場。仲の良いギャル夫とギャラナイ夫が一緒の大学を目指して猛勉強し、見事2人共合格。合格発表時に見た水銀燈に一目惚れしたギャル夫が脱オタして告白するぞ!と意気込む微笑ましい真面目な恋愛スレかな?と思いきや、水銀燈がコミュ障強...

続きを読む

やる夫達はお嫁さんをもらうようです の感想

16歳以上の国民は結婚の義務を負うというディストピアめいた世界観で生きる学生達を描いたスレ。完結済み。全60話。暁美ほむら、桂言葉、清浦刹那、カガリ、ナナリー、黒こな、シャルロット・デュノア、平沢唯などが登場。婚姻希望用紙に書く相手もいないやる夫が何股もかけている伊藤誠の被害者の1人である刹那と関わることになる事から話が動き出す。中々にドロドロした恋愛劇と人間模様のサスペンスとディストピアが入り混じっ...

続きを読む

【安価】デジタルAAゲームブック世界樹の迷宮 の感想

2人称で進む世界樹の安価スレ。完結済み。全166話。美樹さやか、佐倉杏子、シャルロット・デュノア、ギンガ・ナカジマ、種島ぽぷら、五更瑠璃が登場。中々の話数だが1話はそれほど長くない。ダンジョン探索パートと大まかなストーリー進行やキャラクターと交流する休日パートに別れている。キャラが魅力的なので休日パートだけ読んでも面白いと思う。主人公のやる夫、樹海化現象を調べている呂望、絶対に働きたくない剣心、結婚が...

続きを読む

シャルロットは流星の夢を見る の感想

ディストピア的な完全管理社会での世界観と恋愛を描いたスレ。本編完結済み。全10話。外伝が不定期に更新されている。ISのシャル、箒、ラウラ、鈴音、セシリア、千冬、龍田(艦これ)、天龍(艦これ)など多数登場。シャルの視点と回想から徐々にどういう世界かというのが見えてくる形式。優良母体とか保護血統とかFランクとかそれっぽい単語が散見するようになる。IS組のやり取りや武装の進化、不穏な気配が漂う世界観は素晴らし...

続きを読む

やる夫は男子校?に通うようです の感想

pixivに投稿されたリスキー×ハーレムを原作にしたスレ。完結済み。訳有り男装女子だらけの男子校な学園ギャグ物。埋めネタ含めて全50話。キノ、蒼星石、セイバー、白鐘直斗、シャルロット・デュノアなど男装している女子キャラが勢揃いしている。1話は短く読みやすい。身体測定や買い食い、好きな芸能人の話などささいな日常のネタを、訳有りの女子達という要素を加えて面白おかしくしている。勉強会を開こうで女子全員家はちょっ...

続きを読む

やるやらと行く、貨幣学の旅 の感想

TRPGをプレイしてる最中にふと金貨の扱いが気になり貨幣の事を知るためTRPGの世界に入り込む事になる。魔法やエルフやドラゴンが存在するファンタジーな世界を馬車で移動し交易をしながら貨幣とは何か、交易の手段、貨幣に関連してくる文化、宗教、詐欺の手口などと広範囲に渡っての学ぶスレといった印象。2016年から更新途絶のエター。やや解説や説明文的な文章が多いが旅によって色々な場所を巡るため各地の特色も楽しめる。原始...

続きを読む

死の世界へと旅立った、囚人たちを捕まえろ の感想

危険な外から守るため大きな壁で囲われたディストピア的管理社会の都市で管理官の3チームが外に逃げた囚人たちを捕まえに行くというお話。完結済み。シリアスが多いが合間にギャグっぽいのも挟まれる。要は3チームの競い合いであり手柄の奪い合いである。チームはそれぞれ特色があり世界観も良かった。法定寿命とかある今の管理社会を否定し理想を追い求めるめぐみんチーム。今いる仲間達で仲良く暮らせて行ければそれで良い岡部倫...

続きを読む

まとめと感想サイトRSS

タグリスト

シンプル親子カテゴリ

月別アーカイブ(タブ)

 

アクセスランキング

忍者広告




PVアクセスランキング にほんブログ村