記事一覧

【R-18・安価】新城直衛は悪魔たちを追い詰めるそうです の感想

ヒントを貰いながら1週間の間に悪魔達を射抜かないと対象が犯されるR-18の安価スレ。完結済み。水銀燈、フェイト・テスタロッサ、ルイズ、蒼星石、弱音ハク、秋山澪、涼宮ハルヒ、朝比奈みくる、シグナム、メドゥーサ(Fate)、園崎詩音らがターゲットになる。悪魔退治の神である新城直衛が人間と共に悪魔を見つけ出し退治していく。なおHシーンは悪魔を退治してもしなくても有る。助かった場合は片思いだったり恋人だったりからの...

続きを読む

【インクリメント】 やる夫++ 運命-- 【デクリメント】 の感想

レアリティ付きのカードとかアイテムや能力付与がカードというソシャゲっぽい世界観で女神からレアのレミリアを渡される事から始まるスレ。エター。佐倉杏子、美樹さやか、レミリア・スカーレット、ルイズ、シエスタ、佐天涙子など登場。荷馬に死なれ立ち往生していた行商人のやる夫の元に杏子とさやからがやって来てレアカードのレミリアを授かることになるが11話くらいまで影が薄く出番は殆ど無い。山賊からよつばを助けるため身...

続きを読む

美少女魔法使いルイズちゃんの華麗なる魔術工房繁盛記 の感想

人や資源、ありとあらゆる物が召喚魔法によって社会が成り立っている世界を描いたスレ。エター。ルイズ、水銀燈、アルルゥ、カルラ、トウカ、泉こなた、柊つかさ、高良みゆきなどが登場。コメディ調に描かれてはいるがその性質上ぐうの音も出ないほどの畜生な話なのに注意。人間召喚師のルイズに奴隷として召喚されたやる夫。ご飯が週2の劣悪環境の中1ヶ月生き延び、同じくサラマンダー退治のために召喚されたキル夫の機転により奴...

続きを読む

【安価】悪の化身ルイズとやる夫 の感想

所謂天体戦士サンレッド系の悪の組織をテーマにしたギャグスレ。完結済み。本編が296話くらいで外伝含めるともっと増える。ルイズ、シオニー、佐倉杏子、美樹さやかなど登場。フロシャイムの首領ルイズと怪人シロマンジュー達が繰り広げるドタバタギャグ。安価でどんな悪事を働くかを決める。無茶な振りでも全て応えてるのが凄い。その性質上1話は短くその話の内にオチが付く。当然のことながら成功することは無く失敗して痛い目を...

続きを読む

やる夫が幸せな冒険者になったようです の感想

「やる夫が冒険者予備校に通うようです」の続編。完結済み。番外含め全59話。真紅、美墨なぎさ、田井中律、平沢唯、中野梓、イリヤ、佐天涙子、ルイズ、羽入など多数登場前回に続き空気は変わらず緩いギャグファンタジーの様相が強い。予備校を出て実際に冒険を行うのでファンタジーさは増した。食い物オチが多いように見える。「姫君とイチゴのケーキ」は程々の冒険と城を抜け出した小さな姫様の我儘に付き合うという王道な筋書き...

続きを読む

シンジが瀕死の祖国を救おうと必死なようです の感想

大国に道路として踏みにじられる【予定の】祖国を救え!がテーマの知識チートスレ。完結済み。国の名前はリアルと変わっているがほぼ第二次大戦勃発前の1931年オランダかベルギースタート。固定嫁ハーレム+派閥バランスゲーム+内政チート+架空欧州第二次世界大戦と書かれている通りヒロインは多く、萩原雪歩、水銀燈、博麗霊夢、長門有希、高町なのは、ルイズなど。固定の嫁は以上だが外交パートで他国の外交官や首相が美少女な...

続きを読む

【R-18G】我らの戦争 の感想

目的が一切不明でかなり不気味な雰囲気を放っているのが面白そうな作品。不定期連載中。ターニャ・デグレチャフ、エルフィ・フォン・ブラウンなどが登場。突如として近隣の国が消滅し、さらに謎の生物の襲撃を受ける国の描写と侵攻してる側の描写が挟まれる。恐らく主人公のやる夫は侵攻側の親玉。人間工場で人間をポイントにして兵器や設備を購入するようなシステムが見られる。この辺含めて白饅頭は人類絶滅の夢を見るに空気が近...

続きを読む

やる夫とルイズの新婚さんいらっしゃい の感想

迂闊に読むと死にたくなるようなイチャラブ話集。エター。馴れ初めからダダ甘の結婚生活、家族との付き合いなどの日常を描いている。一応フィクションという事になっている。まあフィクションなら草食系の旦那を酔い潰して襲い強引に関係を結ぶというのは笑い話でしかないが、リアルと考えると軽く引いてしまうような出来事もそれなりにあるため、あくまでフィクションとして読んだ方が良いかも知れない。話が進んでいくと登場人物...

続きを読む

やる夫スレファンタジー物短編三作の感想

・サマナーやる夫のかんちがいデイリーヒロインはモルジアナと風見幽香。よくある魔法が存在するファンタジー世界で料理人をしているやる夫。子供の頃は魔法使いに憧れるも魔法の適性が0。しかし困っている少年少女とモルジアナの頼みからダメ元で魔法を使うことに。AAの使い方が上手く、心情を察しやすい。努力の末にかろうじてというのも良いと思うしその努力を素敵と思うヒロインは素敵だと思う。ただのフェアリーには見えない...

続きを読む

it is a thinking reed の感想

表情が一切変わらず、登場人物はやる夫のみで進む非常にシュールギャグなスレ。小ネタを多数出していく方式で一本の長いストーリー形式ではない。不定期連載中。思いついた小ネタを片っ端から書いてるのか量は凄いある。空気としては私のやる夫劇場に似てるかも。テンポが恐ろしいほど良く気楽に読める。最初は魔法使いのやる夫と台詞のみが登場する師匠とのコント。しかし夢を見て、夢の中で助けたヒロインが現実にも出始めて一緒...

続きを読む

まとめと感想サイトRSS

タグリスト

シンプル親子カテゴリ

月別アーカイブ(タブ)

 

アクセスランキング

忍者広告




PVアクセスランキング にほんブログ村