記事一覧

やる夫のボーイミーツガール の感想

「ラーゼフォン」を原作としたやる夫とミクがボーイミーツガールするロボットSFスレ。完結済み。全25話。架空のこういうアニメが放映されているという形式を意識しており自作のOPやED、1話はAパートとBパートに分かれている。初音ミク、巡音ルカ、重音テト、亞北ネル、弱音ハク、鏡音リン、氷室美久、ナギ(かんなぎ)など多数登場。雰囲気としては真面目な色が強くたまにラッキースケベ的な物はあるがギャグシーンは殆ど無い。学...

続きを読む

【R-18】やる夫は鋼の悪魔となるようです の感想

「ストライクウィッチーズ」原作のスレ。ネウロイの力を身に宿しウィッチ達と共に戦う力を得たやる夫のハードボイルドなお話。エター。篠ノ之束、トゥアール、ハンナ・ユスティーナ・マルセイユ、ライーサ・ペットゲン、エーリカ・ハルトマン、サーニャ・V・リトヴャク、ミーナ・ディートリンデ・ヴィルケ、ゲルトルート・バルクホルン、シャーロット・E・イェーガーなど多数登場。ネウロイの瘴気から何故か生き延びることが出来た...

続きを読む

宇宙の運び屋、やる夫一家! の感想

見た目は帆船、中身は最新鋭。超有能なクルーが揃うニューソク号が軍や同業者を相手に仕事を全うするスペースオペラなスレ。大分懐かしいノリで進む。エター。八神はやて、原素子、メディア(Fate)、菊地真、アイビス・ダグラス、ヨーコ・リットナー、アリシア・フローレンスなど多数登場。連邦軍によって港は封鎖されており船が出せない。どうしても出たいはやては偶然出会った運び屋のやる夫に依頼し軍の包囲網を掻い潜り目的地...

続きを読む

やる夫たちがカタストロフィを生き延びるようです の感想

「GANTZ」を原作とした「やる夫たちが黒い玉の部屋に行くようです」の続編で原作最終章をテーマにしたスレ。完結済み。全57話。柊かがみ、柊つかさ、桂言葉、惣流・アスカ・ラングレー、綾波レイ、田井中律、秋山澪、キョン子など多数登場。巨大な虫に襲われたり出血シーンなどグロいシーンもあるので注意。特に31話は色んな意味でキツイ。ついに始まった最終戦争の幕開けにより大混乱となり襲われたり拐われたりする一般人のやる...

続きを読む

やる夫たちが黒い玉の部屋に行くようです の感想

「GANTZ」を原作としたスレ。出てくる星人やキャラ、エピソードはオリジナル。原作とはまた違う別のチームの話を描いた感じ。完結済み。全5ミッション60話。柊かがみ、泉こなた、惣流・アスカ・ラングレー、綾波レイ、やらない子、柿崎めぐ、涼宮ハルヒ、田井中律など多数登場。交通事故で死んだと思ったら見知らぬ部屋にいたやる夫とやらない夫。当初はとても信じられずにいたが、帰ろうとして頭が吹き飛んだ人や星人に襲われるこ...

続きを読む

よつばとBB団 の感想

「コッペとBB団」を原作とした最終兵器よつばと悪の組織BB団のお話なスレ。完結済み。全11話。柊つかさ、やらない子、高良みゆき、山本菜々子が登場。雰囲気としては真面目寄りで最終兵器なよつばとよつばを作った科学者、BB団、ヒーローが絡んで行く展開になっている。最初はただの迷子かと思って困っていたやる夫達だがBB団の科学者ダディによってデイストーンを核にして作られた人造人間であることが判明する。どうやら悪の組織...

続きを読む

WINGS FLOWER の感想

空から降ってきた人造人間雪華綺晶とボーイミーツガールして追っ手から逃げたりする現代少年冒険ジュブナイル的なスレ。完結済み。全12話。エーリカ・ハルトマン、雪華綺晶が登場。ペットボトルロケットを打ち上げたらそれが雪華綺晶に当たってしまい落ちた所から知り合いになり攻撃ヘリに襲われ逃げるぞ!という非常に分かりやすくテンポの良い1話から始まる。全世界が狙っている白銀郷という宇宙船、襲いかかる宇宙人やサイボー...

続きを読む

やる夫達の値段 の感想

男性は女性の共有財産として存在する、「ようこそ女たちの王国へ」を原作にしたスレ。エター。水銀燈、真紅、蒼星石、翠星石、雪華綺晶、雛苺、初音ミク、羽衣狐、アンリエッタ・ド・トリステインなど多数登場。男性が極端に少ないこの世界では当然一夫多妻のハーレムである一方、立場は非常に弱く大事に育てられて高く売られるのが当然になっている。売り時の男性は高価な財産であるため盗賊への警戒が激しかったり架空の世界の常...

続きを読む

【R-18】キル穂は艦娘を食わす為に戦うようです の感想

増えすぎた艦むすが社会問題に成っていたり兵器の主力は人型兵器な艦これ+ボトムズを混ぜた戦記スレ。後半にはメタルマックスの要素も。完結済み。35話+24話。篠ノ之束 、響(艦これ)、武蔵(艦これ)、天龍(艦これ)、球磨(艦これ)、赤城(艦これ)、龍驤(艦これ)、大和(艦これ)など多数登場。R-18が付いているが32話にて漸く程度。タイトル変更後の23話と少な目。響をパートナーとしてビコーズ機兵養成学園に通うキル...

続きを読む

Role of WAR -死にたがりどもの茶番劇-(仮) の感想

平たく言うと超技術でBETA相手のリアル戦争ごっこネトゲを作ってエンジョイなスレ。エター。長門有希、千川ちひろ、柏崎星奈が登場。核戦争で世界秩序は崩壊した。しかし優れた科学力を持つ精神生命体の介入により資源問題・寿命・労働から開放された日本という国は全力で趣味のために生きるのであった、という始まり。巨大な人型兵器、要はMSを実用化させてBETAやMS同士の死なない戦争を楽しんでみたり。ネトゲのように運営とGMが...

続きを読む

まとめと感想サイトRSS

検索フォーム

タグリスト

シンプル親子カテゴリ

月別アーカイブ(タブ)

 

アクセスランキング

忍者広告




PVアクセスランキング にほんブログ村