記事一覧

ハルジオン~口だけ野郎一代記~ の感想

ヤンデレハーレム、勘違い系、頭脳系のお話が好きな人にお薦めの小説。完結済み。
ジャンルとしては現代ファンタジー風のダンジョンが有ってそこを探検する人を
育成するような学園で学園物かな。

演技力と口に長けた主人公が本心を隠しながらなんだかんだで世界を救っていくお話。
垣間見られる本心は小物であり保身であるのだが表に出すのは聖人そのもの。
それをキレのある地の文で突っ込まれるギャップを楽しむのがこの作品の肝となっている。

とにかく人から褒められたい、賞賛されたい、逆に見下されるのは我慢ならない。
自分より能力の高い奴は嫌いで逆に無様な姿を見せてくれる劣ってる奴は大好き。
死にそうに成ったらまず他人を犠牲にして尚且つ自分が責められないような理由をでっちあげ
それを涙ながらに語ることを考えそれでも死にそうなら死後に悪く言われ無いような死に様を考える。
プライドの高さもここまで行けば天晴である。
こんな主人公が本性を隠しつつ問題をイヤイヤ解決していくのだ。しかし唯一の理解者もいる。
お話の最初に蛇を体に取り込むのだが、精神が繋がるためこの蛇だけは本性を知っている。
この蛇との掛け合いが中々面白く作品の魅力として大きなウェイトを占めているように見えた。

この手の若干クズい方向にある主人公は大抵成長して少しまともになるのだけどこの主人公は一切ブレない。
何が有ってもブレない。どれだけ感動的な事が起きても第一に大切なのは自分の命でありそのためなら
どれだけ他人が犠牲になっても知ったことではないという内心を貫き通してくれるし、そうなっても自分に
非が無いように立ちまわりついでに謀殺しようと考える程の徹底ぶりである。最も、想定していた事態には
ならず結果として救うため周りからは凄い人だ、と認識されさらなる苦労が…。

特に主人公に救われる形となるヒロインたちはどれも心に闇を抱えておりぶっちゃけると重い。
ヒロインたちは基本的に強力な力を持っている優秀な人物なため主人公は心底嫌っている。
ここまでヒロインたちを完全に嫌ってるのはたぶんないかというくらい。
しかしそれを表に出すわけには行かない。出したらどうなるか分からないから。怖いから。
こうしてヤンデレハーレムが出来上がっていくのに心底嫌がる主人公(外面は聖人紳士)を
楽しむのもまたこの話の魅力の1つである。

ヒロイン達の魅力はやはり病み具合であるのだが各自色んな方向に闇を抱えているため
差別化は出来ている。主人公が第一なのは一緒であるがそれや出自の違いによる性格
の違いや愛し方で楽しめるだろう。だが一番のヒロインは間違いなく蛇だ。

ダンジョン探索というからには当然モンスターもいるし戦闘もある。
主人公の強さははっきり言って弱目であり口先と頭脳で相手を罠に嵌めたり有能な味方を
指示して戦うという方向になっている。かなり綱渡りなところもあるのでこれも中々楽しい。
ダンジョンを攻略していく内に何故ダンジョンが出現したのか?モンスターとは一体?
という謎が徐々に解き明かされていくストーリー展開も素晴らしい。
話の後半に漸く主人公も強力な能力を手に入れるがリスクが命にかかわるのでいい塩梅だった。

基本動きたがらない主人公を動かすのに苦労しているように見られた。
出来るだけ楽したい。でも周りの賞賛も欲しい。もっと褒めろ!な矛盾を抱えた主人公である。
単純に小物というだけでは保身を考え無茶をさせづらいだろうがこの主人公は同時にプライドも高い。
ある時は功名心、ある時は体面を保つために危険を犯させる事もなんとか可能にしているようだ。

地の文で恐ろしいほどに貶されている主人公だが、そこまで酷いか?と疑問に思うことがたまに。
確かに主人公はどうしようもない小物で考えていることはたまにド外道の域にまで達している。
しかしそれを表にすることは絶対にしないし犯罪行為だってバレるようなら絶対にしない。
プライドが極端に高い設定は此処でも活躍してくれる。自分の批判材料になるような行為は
絶対にしないのだ。まあ地の文がバランスを取る役な以上仕方が無いのだろうが。

第二部から話のスケールが大変大きくなるので、そこでついて行けない人もいるかもしれないが
その後もしっかり楽しめる話作りになっているので是非読み進めて欲しい作品である。
難点としては一話が若干長目でパーティーが分断されてピンチのワンパターンが多いことか。
主人公の話術を活かすにはこれが一番だからだろう。敵側のキャラがしっかり立てられているため
気にはなっても退屈はしないと思うが。

作品へのリンクはこちら。
















ぐっすり眠れる耳かきボイスβ-3



関連記事



関連するタグ オリジナル小説(ヤンデレ)オリジナル小説(現代ファンタジー)オリジナル小説(勘違い系)オリジナル小説(完結)

まとめと感想サイトRSS

タグリスト

シンプル親子カテゴリ

月別アーカイブ(タブ)

 

アクセスランキング

忍者広告




PVアクセスランキング にほんブログ村