記事一覧

Hearts of Iron2 Darkest Hour について

どうも敷居が高いように思われているがこのゲーム
全くそんなことはない。国が扱う資源はたったの4つだし
それに物資と資金の生産が加わった程度。資源に
関しては貿易をAIに任せれば全く問題無いので実質2つ。
ゲームの目的は枢軸・連合・共産のいずれかの陣営に
加わり陣営の勝利ポイントを一番多くすること。これだけ。
なんだったら何処にも加わらず全部滅ぼしても良い。
ゲームの終了時に各陣営のポイントが表示されるのだが
何も表示されなくなるのでとてもスッキリする。

勝利ポイントはプロヴィンスと呼ばれる土地に設定されていて
例えばベルリンやパリなんかはポイントが高い。で、これらを
戦争して奪い取る。戦争以外に奪い取る手段は無いので
戦争ゲームらしく戦争をしよう。相手の陣地を自分の色で
塗り潰していくことに胸がスッとするなら間違いなく楽しめるゲームだ。

戦争が難しそう?いやいやとても簡単だ。基本は大戦が勃発する
1939年まで工場を建てながら軍隊を生産し軍備を整える。
あとは整えた軍隊で好きなように攻め込めば良い。それだけのゲームだ。

操作が面倒そう?それはまあ……うん……その通りだと思う。
左クリックで選択して軍隊を選び右クリックで攻め入ったり何処に行くか
場所を指定する作業に追われるのは楽しいが面倒に感じる事は多々ある。
これらに関してはAIに操作を任すことが出来る3や4の方が優れている。

しかしドイツやソ連など大陸軍を形成出来る国でのプレイは面倒ながら堪らなく楽しい。
ドイツプレイでは何百個師団という歩兵を抱えるソ連を機甲部隊で包囲殲滅して
何千万という被害を与えるのは快感である。ソ連プレイでは逆に恐ろしく強いドイツ軍を
相手に絶望的な撤退戦を損害出しながら繰り広げ、逆襲の時まで耐え抜くのが
滅茶苦茶興奮する。想定外はあれどプランを練りそれを実行し成功させるというのは
何度やっても飽きない。

ゲームのプレイは無限大では無いが考えつく限りの楽しみ方は有る。
マジノ線を延長してドイツの進撃を食い止める作戦を取ってみたり
中小国、例えばルーマニアやハンガリーでドイツを手助けするプレイも良いし
中国の国民党や共産党で中華統一を成し遂げ大量の歩兵で第二次大戦に
殴り込むのも面白い。取り敢えずゲームの流れを一通り見たい初心者には
カナダがお薦めだろう。戦争しながら覚えていきたいならドイツが良い。
強いので割とどうにでもなるし、ポーランドからフランス攻略までは練習にぴったりだ。

MODもそれなりにある。いまだ更新が続けられているFullkaiなんかは
IFシナリオもあって、その中にはオーバーロードのナザリックがスイスに
誕生しちゃうシナリオも有る。大量の日本関連イベントを追加したいなら
大日本帝国MODも良いだろう。



-------------------------------
Fullkai+GJKMOD攻略
-------------------------------
1933年シナリオを想定

・日本編
閣僚で抑えておきたいのは外務大臣の松岡洋右。このMODは不満度が上がる代わりに
強化イベントが多いため不満度の上昇率-50%の効果を持つ彼は非常に使える。

ICを増やす有用なディシジョンやイベントでは資金が要るので物資を溜めて資金に変えると良い。

歩兵を量産する際、旅団を2つ付けたくなるがICの負担が大きい。
1937年の国民党との開戦を目指すなら34年位から作り始めたほうが良いかも。
初期の人的資源は800だが使い切らなくても慣れれば勝てるようになる。
騎兵も1ラインか2ライン程度稼働させておくと包囲殲滅の時に大変役立つ。

旅団のオススメは砲兵+装甲車。

空軍はあると便利なのだがIC負担がキツイ。起動時のイベントで通常強化なら
航続距離+500で近接航空支援機でも十分に使えるためこいつだけでも
1ライン作っておくと良いかもしれない。



対国民党戦...

国民党は他の軍閥と協力し300個師団近い歩兵と民兵を抱えている。
ゴリ押しで勝つのは難しく、確実に包囲殲滅して減らしたい。

敵は多数の師団を抱えているが中国は広く動きも積極的ではないので
絶望的に見えるが案外勝ててしまえる。

個人的に対中国で鉄板の戦術なのは


fullkai_gjk01.jpg


まずこのように包囲して殲滅し



fullkai_gjk02.jpg


さらにこのように拡大する。平原や丘なので歩兵でも移動しやすく
騎兵ならさらに速い。100個師団も殲滅すれば十分。



その後の話...

中国を征した後はかなりのフリーハンドとなる。歴史通り連合国に
喧嘩を売っても良いし、ドイツと協調してソ連を挟み撃ちにするのも良い。
連合国に喧嘩売りながらイランまで進出、そこからソ連を攻撃してバクーを奪ったりも出来る。

このMODでは共産を滅ぼした後なら独自勢力を名乗ることが出来るので
ドイツと最終決戦したり他の勢力全てを滅ぼすのも面白いだろう。



対アメリカ戦...

基礎ICが1000を超え実行ICは2000に届きそうになるこの大国は
その有り余るICで人的資源をあっという間に戦力化してしまう。
アメリカ本土での決戦は大変な困難が伴う。

アメリカの陸軍損失統計の兵員が1000万人を超えるとイベントで
革命が起き和平となるので海軍爆撃機を飛ばして沈めまくったり
わざと上陸できる地点を作って誘い込み、上陸させた後に殲滅するを
繰り返して敵の死者数を増やして行けばそのうち勝てる。





・中国国民党編
初期の不満度が大きいのでまずは解消に全力。
余裕があれば歩兵を3ラインくらい。

いきなり共産党との戦争やしばしば戦争状態になるが
戦力差から負けることはまず無い。



対日本戦...

様々な面で超強化されている日本。苦戦するかと思いきや
びっくりするくらい簡単に勝てるだろう。歩兵を量産しておけば
負ける要素は無い。

上陸作戦を仕掛けてくることは有るので上陸地点を歩兵なら3個師団、
民兵なら5個か6個師団で守っておきたい。あとは平押しで十分。
戦いは数を実感できる。



その後の話...

日本との戦いに勝利を収めてしまえば主要な敵はソ連くらい。
日本の戦略と同じく火事場泥棒的に連合、共産好きな方に
攻め込んでしまえば良い。




・中国共産党編
MODで追加された民兵強化の軍事ドクトリンのお陰で
かなり強化されている。毛沢東の閣僚補正もピーキーながら強い。

戦略としては国民党と早期開戦してしまうのが楽。
ドクトリンのお陰で民兵でも十分勝ち目がある。

後は国民党や日本のようにフリーハンドと成る。
ソ連と協調しドイツと戦ってみるのも良いし
世界制覇できるだけのポテンシャルは有る。
将軍の数が少ないのはネックなのだが。





・ドイツ編
ゲームに慣れた人には今更な国かもしれないが
MODの影響でイギリス、ソ連、アメリカなどが強化されているため
歯ごたえのあるプレイが楽しめる。

初期の不満度解消後は動員して人的資源を確保しても良いし
全て工場建設に注ぎ36年のオリンピックによる不満度解消イベントに合わせて
動員するのも良い。

重潜水艦が強いため空母は無くても何とかなる。一応
護衛に3隻くらいは作っておきたく成る。



対連合国戦...

ポーランドは平押しで十分勝てるが道路3カ国はよく見ないと
そこそこの要塞が建設されているため気をつける必要がある。
戦車で押し通り強引に包囲殲滅していくと良い。

イギリス本国には尋常じゃない歩兵が守っているため空挺以外の道は
無いと思う。MODの影響かな?AIイベントで追加されているらしい。



対ソ連戦...

41年開戦なら歩兵500個師団以上、装甲師団30個師団近くになるだろう。
楽に勝ちたいならドクトリンの優位性的にも40年には開戦したい所だが
1年伸ばせばこちらも十分な戦力を整えられるのでガッツリ戦いたいなら41年が良いかも。

ドイツの国力的に様々な攻略法が有るのが面白いところだが
個人的な鉄板戦術は



fullkai_gjk04.jpg


まず赤色のように動きオレンジ色のように包囲していく。

黒海方面は海沿いも占領しないと輸送船団を止めるすべが
航空機くらいしか無いので注意。まあ船団殲滅は時間かかるし
占領してしまうのを勧める。

海軍が整っているなら上陸も面白い。



fullkai_gjk05.jpg

この時点で十分な数を包囲殲滅できているだろうし
後は消化試合に近い。北上してフィンランド方面を包囲しつつ
東にも侵攻。バクーまで抑えてしまえばゲームセット。





・ソ連編
粛清による恐ろしい不満度追加イベントが有りながら
スターリンの特性の1つが不満度上昇率+50%と最悪な相性を誇る。
それ以外は強力なのだが……。

対策としては物資をひたすらアメリカに売りつけるなどして
資金を貯めておきディシジョンの研究やインフラ投資で
下げるのを繰り返す。

また政府首班のトロツキーが不満度上昇率-20%なので
不満度下げに有用。

軍需大臣ではバニラでも有った特性の計画経済の提唱者が
工場建設時間とコスト-25%と大幅に強化されているので
建設タイムには切り替えると便利。

昔のバージョンでは日本が結構国民党相手に勝利が珍しくなく
ノモンハンの時期になると戦力を満州に集めて警戒する必要が有ったが
最近は中国に押され気味なので39年に日本と開戦することはまず無いだろう。
ただゴーストップ事件からの選択によっては2・26で国家元首が傀儡になり
AIが対ソ連向けに変わって戦争を仕掛けてくるので注意。



大粛清について...

大粛清を行うと陸海空のユニットが大きく弱体化してしまう。
これは死者数が1000万人を越えることで漸く回復できる。
中々にキツイのでいっそ回避してしまうのも1つの手だろう。



対ドイツ戦...

強化されているならドイツ相手に楽勝かと思いきや
かなり厳しい戦いを強いられる。41年時点では守るのに兵力差2倍でも心許なく
3倍は欲しくなる。勇猛果敢に突破してくるので歩兵は上手く逃さないと
追い越し殲滅を食らってしまうだろう。

このMODでは電撃戦以外のドクトリンがそれなりに強化されているものの
やはり強力であり人海戦術ドクトリンのまま進めると戦死者が偉いことに成る。
戦死者が増えれば工業力の低下や不満度が上がるイベントが発生してしまう。
出来る限り総力戦体制のディシジョンは上げておきたい。
またドイツの将軍は優秀なのが揃っているため戦闘効率の面でも不利。

初期の人的資源を使い切って軍備を整えてもそうなるので
楽に戦いたい場合は冬戦争には一般動員を行い人的資源を補充して
大量の歩兵と装甲師団を抱えつつ、電撃戦ドクトリンを研究するのが良い。

ただ人海戦術で夥しい犠牲者を出しつつドイツの猛攻に耐えるのは
脳内麻薬が出まくる位楽しいので個人的にはこちらをお勧めしたい。






・イギリス編
本土を守るだけなら十分な強さを誇るがドイツ相手に真正面から
挑むのは無謀な程度の国力と人的資源。閣僚の固有特性も微妙なものが並ぶ。
代わりに味方が多いので青写真の交換会や連携しての戦争が強味。

また自由経済寄りによる生産に必要なICと日数の低下の恩恵が
どれだけ有り難いかを実感できるだろう。スライダーはハト派、非介入寄りなので
選挙では右派を選びタカ派に寄らせたいが、左派にして政体を自由経済主義にし
自由経済に振り切る事も出来る。

初期の人的資源は極めて少ないので動員を行い戦争前に出来るだけ
歩兵を揃えておきたい。砲兵+装甲車が鉄板だと思うがICにかなり余裕があるので
砲兵+中戦車の強さ重視ロマン編成も良いんじゃないかなと。被害は減らしたいし。

最大の敵はこちらに石油消費を肩代わりさせて飛ばしまくる同盟国。




対ドイツ、イタリア戦...
イタリアに関しては歩兵を揃えておけば戦争開始直後からアフリカから
叩き出す事は十分に可能。ただアフリカの大地は恐ろしく広いため
移動に時間がかかる。自動車化の研究が完了次第生産は切り替えて行きたい。

問題はドイツで、独ソ戦が開始されるだろう41年にはイタリア半島の下からや
ギリシャ辺りから上陸し、ソ連を援護してやる必要が出てくる。
ドイツの勝率は体感高めでソ連を下した場合600個師団位を相手にしなくては成らず
とてもではないが勝ち目は薄い。メッシーナで殲滅作戦をしようとしても
あっという間に再配置で大軍が詰め寄せてくるだろう。

頼りのアメリカ様は戦死者が1000万人を越えると革命が起きてしまい
戦線から離脱してしまう。その癖上陸作戦を仕掛けては叩き出され
無駄に戦死者を重ねてたりするから運に左右されるところがある。

付け入る隙があるとすればドイツの人的資源はまず払底している所。
被害を受けた師団を回復させるための人的資源が無いので
一度被害を与えれば何とか成らない事もない。



対日本戦...

国民党に勝つことはまず無いし真珠湾も起こさないと思うので放置で良い。
どうしても不安があったり希少資源産出地帯であるインドシナを取られたくないなら
上陸地点のみを防衛していれば大丈夫。

仮に真珠湾が起きたとしてもやはりアメリカと国民党を相手に
戦い続けられるほど日本は強くない。放って置いてもなんとかなる。

万が一日本が国民党に勝利してしまっている場合はどうにもならない。
ドイツ相手にアジア方面に戦力を送っている余裕は無い。
これは戦力的な意味でもあるし単純に操作量の問題でも有る。
結局ヨーロッパが一息つくまでは放置になる。





・フランス編
強烈な平和補正、少ない人的資源、閣僚は優秀だが固有特性持ちは微妙なのが揃う。
イベントでは不満度の上がるものが多くかなりイラッとさせられるだろう。
一々解消していては工場が建てられないので数%くらいの不満度は受け入れるしか無い。

史実通りに歴史が動くならドイツとの真正面戦闘は避けられず
主要な大国の中では難しい方かもしれない。

他のイベントでは電撃戦ドクトリンの青写真が貰えたり
マジノ線の延長、航空機開発、傭兵部隊の拡充、経済の立て直し、いっそ全部やると
戦略方針決定が面白いし中々使える。



対ドイツ戦...

ポーランドは見捨てるとしてとにかく戦車を作っておきたい。
この時点のドイツは歩兵が中心なので戦車は数個師団しか無い。
ガチンコで戦うなら道路3国に攻め込んでくる間に
出来る限り戦車を揃え少しずつ殲滅していくしかないだろう。

結構な数の航空機が飛んでくるため迎撃機は最低限1ラインは欲しい。
出来れば戦術爆撃機か近接航空支援機も。ただ戦車でICが圧迫されるので
かなり厳しい。

マジノ線延長でとにかく耐える方針なら統合参謀総長に居るガムランが有用。
要塞建設時間とコストを20%削減してくれるので
陸軍総司令官を静的防御にすれば合わせて45%の削減。
3ヶ月もあれば完成し連続生産ボーナスでさらに早くなる。

イベントでも拡張できるがイベントが終わるより遥かに早くレベル10要塞が完成する。
稀にイタリアがポーランド戦からすぐに枢軸入りして攻めてくることが有るので
イタリア方面の要塞もついでに10にしておきたい。

後はとにかく歩兵を作り要塞に立て籠もる。42年にもなればソ連からドイツに
宣戦布告してくるだろう。ソ連に全て任せるのもいいが領土を獲得したいなら
手薄なイタリアやギリシャ、ユーゴスラビアあたりから上陸し戦果を広げていくと良い。
戦車や自動車化兵を作っておくと便利。





・イタリア編
中小国の中では高いICだが大国の中では少な目なIC。
しかし閣僚に計画経済の提唱者が早い段階で登場してくれるので
工場の建設はかなりやりやすい。

大正義ドイツ様の同盟に加わりやすいので順当に行きたいなら
歴史の流れに身を任せていれば勝てるだろう。ストレーザ戦線に残り
連合国として戦うのも面白い。選択肢はそれなりにある。

ムッソリーニの特性が外国のIC使用+30%と大きく
傀儡国を作るのも良いが併合して領土にしてもICが増えやすい。
ハンガリー辺りを併合すると大きく上昇する。



対連合国戦...

フランスはドイツが何とかしてくれるとして問題はイギリス。
開戦と同時にアフリカを攻めてエジプト辺りは支配しておきたい。

その際にそこそこネックになるのが制海権。まともにイギリス海軍と
やり合うのはちょっとキツイ。マルタなどをしっかり占領して
敵の飛行場を抑え海軍爆撃機を飛ばしたい。

まともに海軍を整備して戦うのもロマンがあるがIC的には厳しいかも。
イギリス上陸には輸送艦護衛の必要から空母は欲しくなるが。

海軍建造は時間がかかるのでイギリス本土を攻略するつもりなら
気長にやったほうが良いだろう。アメリカが参戦すると45年くらいから
核が飛んでくるのでそれまでに本土は確実に落としておきたい。



対ソ連戦...

ドイツに任せていれば勝てる。ビタピが発生すると占領地は
ドイツに取られてしまうので、それが癪ならその前に傀儡国として
ウクライナやザカフカースを独立させてしまうのも手。

ドイツが宣戦布告すると思うのでこちらがする必要はないが
その前にトルコを併合しておくとバクーの油田は確実に掻っ攫えれる。












帰ってきたヒトラー 上下合本版


関連記事



関連するタグ

まとめと感想サイトRSS

検索フォーム

タグリスト

シンプル親子カテゴリ

月別アーカイブ(タブ)

 

アクセスランキング

忍者広告




PVアクセスランキング にほんブログ村

アクセスカウンター