記事一覧

ルーンファクトリー4 の話

ファンタジー農園恋愛鍛冶料理釣り畜産冒険ゲーム。
基本的には何をしても良いゲームではあるが
メインストーリーを進めないと街の人が増えないので、
色々しながらストーリーを進めることになる。
何をしても冒険の助けになるよう設計されているのが親切。



・寄り道で楽になるシステム
プレイしていて驚いたのは何にでもスキルが存在し
スキルレベルが上がる事に主人公の能力が強化されること。
農業や採掘は勿論、風呂に入ったり寝るのにもスキルがあり強くなる。

そのためあれをしようこれをしようという寄り道が本編を進める際の
手助けとなってくれるので、これは後々楽に進めるためだから……と
言い訳しながら寄り道することが出来る。



・ストーリー
シリーズ定番の記憶喪失から農業を任され生活している内に
謎と核心に迫っていく。ストーリーについては特に文句はないが
ドラゴンのセルザが大体グッタリして苦しむ姿を見続けることになるのは
ちょっときついので何とかしてほしかった。



・温かい街と住人達
街に住む人達はこちらが申し訳なくなってくるくらいの善人揃いで
居心地が良くもあり悪くもある。毎日話しかけるだけで好感度が
上がっていくが、会話の種類も豊富なので苦にはならず楽しい。

気に入ったのはコハクとドルチェ。コハクはぽわぽわした無邪気な少女で
甘ったるい声でどーんとぶつかってきたり自作の歌を歌ったりで可愛い。
隠れサド。1つ目のダンジョンをクリアすると加入する。

ドルチェは無表情でツンとしているが会話から隠しきれない優しさが滲み出ている。
またドルチェ大好きハイテンション亡霊少女のピコに取り憑かれており漫才が面白い。
黒曜館をクリアすると加入する。

街の人とある程度仲良くなると連れ回すことができて、戦闘にも加わってくれる。
戦闘で倒されても好感度は下がらないので遠慮なく使える。



・戦闘システム
結構なアクションゲーム。鍛えていないと敵の攻撃は痛いので
動きをよく見て回避する必要がある。特にボス戦では重要。
設備が整わない序盤の方が厳しいかも。

武器や魔法によって動きが違うので好きなのを使おう。
武器にもスキルはあり上げれば新アクション技を覚えたり
基本ステータスが上昇するので一つを使い込むのも多数を使い分けるのも良い。

武器の種類事に存在するルーンアビリティだが、実はこれ、例えば片手剣を
装備していても槍やハンマーのルーンアビリティを発動させることが出来る。
使えそうなアビリティなのに武器が違うので使えないという事は無いので
そのまま使ってしまおう。



・総括
プレイに便利と感じるシステムが数多く用意され快適に遊べる。
キャラクターも良かったし戦闘も中々楽しめるものだった。
農作業はどうしても作業になるが金策手段は豊富なので
いっそ無視しようと思えば出来るのも良い。












関連記事



関連するタグ

まとめと感想サイトRSS

タグリスト

シンプル親子カテゴリ

月別アーカイブ(タブ)

 

アクセスランキング

忍者広告




PVアクセスランキング にほんブログ村