記事一覧

メダロット パーフェクトエディション カブト の話







初代メダロットをリメイクした作品。初代はやったことは無いのだが
頭身が高くメダロットの線がきっちり描かれていて白黒ながら後続と比べても格好良い。
キャラの顔グラもかなり可愛い。

戦闘で勝利しパーツを集め状況にあった組み合わせを作るのが鍵となる。
この作業が楽しく時間を忘れてしまう。メダルにレベルのような概念はあるが
特にレベル上げをしなくてもクリア出来た。強くなるようだがあまり実感はできなかった。
パーツの組み合わせのほうが重要だろう。



・ストーリー
飼っている犬が偶然メダルを拾った事からメダロッターになるのが始まり。
各地で起きている些細な事件を追っていくとロボロボ団と呼ばれる組織に遭遇し
次第に大きな事件へと巻き込まれていく。

負けるとパーツを奪われるのでストーリー上特に序盤は負けないように注意したい。
2対1と厳しい戦いを強いられることもあるのでリーダー狙いで一気に倒そう。

またヒロインとの会話でどう答えるかで好感度が上がり、エンディングにも
関わってくるがそのうちの一人であるナエは非常にイベントの発生が分かりにくく、
見逃すとナエルートには入れない事態に陥ってしまう。
頻繁にウロウロするか攻略サイトでフラグを確認したほうが良いだろう。
ただし女子トイレには入ってはいけない。



・戦闘システム
メダロットの醍醐味といえばパーツの組み合わせとそれによる戦闘だろう。
射撃や格闘のような如何にもな攻撃や継続ダメージ、盾による防御、
回復、索敵など様々な行動が出来る。

最初の一体しか無い場合は攻撃のみを考えるしか無いがメダロットを
入手して手持ちが増えていくと戦略の幅も増えていく。
片方を攻撃特化、片方をガチガチに固めた防御特化にするだけでも大分違ってくるだろう。

これだけでも大抵の敵に勝ててしまえるが、脚部は地形の効果に大きく
左右されるので脚部だけは気を使ったほうが良い。

そうして勝利を重ねパーツを収集し試行錯誤していくのが面白い。
今のパーツと似た方向でもっと良いのは無いか?とか
強力だが装甲値が低すぎて使いづらいな……とか色々。

戦闘演出が面倒に感じたらOFFにも出来る。こうすると時間が
かなり短縮できるのでプレイが快適になる。

不満点としては戦闘から逃げる手段が乏しいこと。
ランダムエンカウントでロボロボメダルを使うと逃げられるのだが
そもそもこれを手に入れるにはロボロボ団を倒す必要がある。

頻繁に使えるほど手に入らないのでさっさと進みたいときは
ストレスを抱えさせられる事になる。



・総括
白黒にしては美麗なグラフィックとやりがいのあるシステムで
かなり楽しめたゲーム。レベル上げがそれ程重要では無いので
最初からやり直すことは苦ではないが、今思うと二週目は欲しかった。















デジ麺チャンポン



関連記事



関連するタグ

まとめと感想サイトRSS

タグリスト

シンプル親子カテゴリ

月別アーカイブ(タブ)

 

アクセスランキング

忍者広告




PVアクセスランキング にほんブログ村