記事一覧

Mobile Suit GUNDAM MSVS の話






アナハイム・エレクトロニクス社のMSシミュレーターという触れ込み。
今で言う放置ゲーの走りだった作品。白黒ながら描き込まれ迫力のある
MSが好きだった。キャラクターをひたすら戦わせて育て、MSを改造し、
敵を倒していくだけのゲーム。極めて単純故に中毒性があった。



・最初に行うこと
まずキャラクターを作成する。年齢が選べて年寄りほど初期能力が
高いけれど成長が伸び悩むので、極力若くした方が後々楽になる。
直感だけはキャラメイク時のみの固定で伸びない。民間人にすると高めになる気がする。

性格によって好きなレンジが変わり、指示しても時々無視して好きなレンジで
戦おうとする程度なのでこれは何でも良いと思う。指示は何度も送れるので
折れるまで送れば良い。



・ステージを選択し攻略を開始していく
アニメで見た戦いを追体験していく。内容は一年戦争、08MS小隊など。
最低年齢の民間人だと最初のステージであるデニムですら苦戦し
中々倒すことが出来ない。何度も挑戦し能力を上げていこう。
攻撃のたびにMSのカットイン絵が入ってこれが中々格好良い。
戦闘は見下ろし型の2Dで大体ぐるぐる回り合いながら戦う事になる。

見事クリアできれば次のステージへ。報酬が手に入るので
貯めるもよし、MSを買うもよし、MSを改造するのもよし。
MSの改造は10回までと決められており方向性を決める必要がある。

格闘戦重視にしろ射撃戦重視にしろ相手より素早く動けないと
意味がないので運動性を上げるのがお薦め。耐久や装甲も
上げたくなるし燃料切れが怖いのでジェネレーターも強化したいとジレンマが。



・ゲームの面白さ
プレイヤーはどのレンジで戦うのか指示する事しか出来ず、
後は戦いを見守るしか無い。良い勝負している時は手に汗握って
頑張れと応援したくなる。そういうのが面白いと思える人向けのゲーム。

ステータスをカンストさせる楽しみもあるが自分の好きなMSを乗り回し
有名なキャラクターと戦わせていくのも面白い。アムロの乗るガンダムなんかは
恐ろしいほど強くてニュータイプモードになると一方的に嬲られる。楽しい。
箱庭を作って楽しむ的な要素がある。

一応対戦機能を搭載しているがどちらも能力と機体性能故に
泥仕合になりがちであまり楽しくはない。



・総括
ガンダムのシミュレーターとして見れば中々面白いしグラフィックも好みだった。
ただ完全な放置ゲー作業ゲーなので面白くない人には全く面白くないだろう。

















百機夜行



関連記事



関連するタグ

まとめと感想サイトRSS

タグリスト

シンプル親子カテゴリ

月別アーカイブ(タブ)

 

アクセスランキング

忍者広告




PVアクセスランキング にほんブログ村