記事一覧

ロボットポンコッツ64 〜七つの海のカラメル〜 の話






ロボットポンコッツは漫画で名前だけは知っていて
ゲームの方は一切知らなかったので、中古で安かったから
試しに買ってみた初ロポポンがこのゲームだった。

プレイしてみると戦闘では3Dのロボポンをある程度操作でき、
向きに寄ってダメージが変わったり回復アイテムが落ちてきたりと
ちょっとしたアクション要素もあって驚いた。



・ストーリー
お伽噺によると七つの海に眠っているパーツを集めると伝説の
ロボポン、カラメルに会えるとかで船に乗って集めに行くというもの。
特に印象に残った場面はないが悪い印象も無く普通。



・ゲームシステム
船内ではロボポンを育てたり増やしたり出来る。この育成要素が
かなり面白くて、ミニゲームでどんどん鍛えられるし、船内を彷徨く
ロボポンを見てると愛着が湧いてくる。パターンは少ないのが残念だが。

シードを植えて育てることでロボポンを増やしたりソフトと呼ばれる
技とかスキルみたいなものを手に入れることができる。少々面倒では
あるがこれも楽しみの1つだった。

戦闘BGMは今でも耳に残ってるくらい好き。特にボス戦は迫力のある
BGMに乗りながらお互いのロボポンが動き回り掛け声を上げながら
攻撃し合うのはとてもテンションが上がる光景。

気に入ったロボポンはロッポニカ。多腕のスーパーロボットみたいな
見た目のやつで、見た目だけではなく実際に強く最後まで頼れた。



・総括
パターンが少ないので見た目と声合ってなくない?ってロボポンが割といたけど
船で冒険しながら育成するのは中々楽しめた。お気に入りのロボポンが
弱くてもミニゲームで鍛えれば使っていけるのも良い。ただ作業なので面倒でもあるだろう。






















EロボポンCG



関連記事



関連するタグ

まとめと感想サイトRSS

タグリスト

シンプル親子カテゴリ

月別アーカイブ(タブ)

 

アクセスランキング

忍者広告




PVアクセスランキング にほんブログ村