記事一覧

星界の紋章 の感想

ある日故郷を突然襲ったアーヴの艦隊。降伏と引き換えに
爵位を貰いアーヴ帝国の貴族となったジントと運命的な
出会いをしたラフィールとのボーイミーツガールSF。全3巻。
続編として星界の戦旗が連載中。

アーヴ帝国の風習や思想、独自の生体機能や艦の操作など
何も知らないジントを聞き役に分かりやすく解説してくれるのも良いが
文章のノリがアメリカンドラマを見ているような軽快さで好き。

「おまえが敬虔な異性愛主義者なら、おれは狂信的異性愛原理主義過激派だ」とか
「疲れてるんだラフィール。後でちゃんと怒るから」とか
「そなたの鈍さは冷凍野菜に匹敵するな!」とか好きなフレーズには事欠かない。

SF的な設定も確かにワクワクした部分だけどキャラのやり取りが一番楽しめた。
結構長いセリフもあるのだけど例えと話の流れが分かりやすく頭にスッと入ってくる。

宇宙での生活はラフィールに頼りっぱなしで、アクシデントが起きた時も
ジントは常に助けられる側だったのが、逃避行の果てに地上に降りることに成り、
世間知らずのお姫様であるラフィールを今度はジントが助ける側になる。

そうやってお互いに協力し合ったり気持ちをぶつけ合ったりしながら
信頼関係を気づいていくのがとても良い。惚れた惚れないの明確な
恋愛描写は無いのが逆に良い。強い絆で結ばれている感じがする。

実はコミックが現在進行系で出ているので何かの間違いでヒットして
コミックの画風で再アニメ化しないかなと思っている。ジントの顔が
人畜無害そうな割にはかなり悪い顔してるのが気になるけど。

どれくらい人畜無害そうかって言うとこれは戦旗だったけど
自分は苦手な人が多いのに自分を苦手とする人はこの銀河にいないらしいってジントの心情が超好き。



















OldFashion12
関連記事



関連するタグ

まとめと感想サイトRSS

タグリスト

シンプル親子カテゴリ

月別アーカイブ(タブ)

 

アクセスランキング

忍者広告




PVアクセスランキング にほんブログ村