記事一覧

ヴァーレントゥーガ拡張シナリオ の話 その2

Clipboard01.jpg



・marlin
とある銀河系の宇宙が舞台で主なユニットは宇宙戦艦でSF臭が濃厚なシナリオ。
marlinという船体らしきものを手に入れた人類だがmarlinには特殊な力場が
発生しているらしく怪物に変化してしまう。

人類はmarlinを敵とみなし総攻撃をかけ多大な被害を受けつつも撃破する。
そしてその軍事力を同じ人類に向け始めたのがシナリオ開始時。

カエル人間やトカゲ人間に虫型と異形種の勢力もあれば
銀英伝で見るような帝国と自由惑星同盟な勢力もある。
勢力事にそれぞれ使える艦種が違い特色があり面白い。

人材にメアリー・スーがいたりちらほらパロディネタと思しき物を見かける。
一部の人材は通常のステータスの倍近くあるので撃破は困難を極める。
このため如何に人材を確保するかが鍵となる。

ドッグの概念があり、大型ドッグを所有している領地を持っていないと
大型艦を作れないという制約がある。弱小勢力プレイではドッグ持ちの
領地を確保するのも重要。

艦種事にグラフィックが違い人材は固有の艦に乗ってたりして
そういう部分も楽しめるシナリオでした。





Clipboard02.jpg



・神々の黄昏
地球から遠く離れた星系群が地球連邦の弱体化から独立運動を開始。
大規模な星間戦争へと発展していくというのがシナリオ開始時の説明。
これまたSFやスペースオペラ感の強いシナリオ。

使われるユニットはやはり宇宙戦艦っぽいの。艦載機を召喚できる空母系が
強い。最終的には要塞艦とキング級空母を揃えて戦うことになると思う。

付属の概要テキストには艦や勢力の説明が細かく書かれており
これを読むのも面白いシナリオでした。





Clipboard03.jpg


・天地戦争(仮)
全初期領地122、全初期勢力23の巨大なファンタジーシナリオ。
イベントも多いがバグも多いような気がした。各地にダンジョンが
存在したり内政で雇用ユニットを増やせる設備を建てることが出来たり
システム面でもかなり凝っている。

ユニットはファンタジー的な重装歩兵や魔術師やモンスターもいれば
雪原のような局地戦に特化した勢力とユニット、銃や大砲に投石機と
色彩豊かなのが揃っている。

現在のバージョンでは勢力事のシナリオが撤去されている。キャラクターが
可愛かったので残念。ランダムイベントなどはあるためシナリオが無くても
一応楽しめることは楽しめる。

ガトリングやレーザーライフルが使える工業国家オリアナプレイが
好きだった。あと輸送馬車が召喚数21で召喚レベルもユニットの80%と
高めなので、これを雇える人材でこれオンリーにすると圧倒的な物量作戦が出来て楽しい。

勢力が多いので様々な楽しみ方が出来るシナリオでした。


















爆裂メイド猛将伝 ばちょるふぃーるど

関連記事



関連するタグ ヴァーレントゥーガ

まとめと感想サイトRSS

タグリスト

シンプル親子カテゴリ

月別アーカイブ(タブ)

 

アクセスランキング

忍者広告




PVアクセスランキング にほんブログ村