記事一覧

大貝獣物語 の話






恐ろしいモンスターの登場に貝の中に閉じこもるという
可愛らしいCMとは裏腹にエグいストーリーや展開が多かったRPG。
MOZで明かされる女キャラのその後も衝撃的だった。

RPGとしての難易度はやや高く、高いエンカウント率と
強めの雑魚敵で道中はかなり苦戦する。しかしボスはそこまで
強くはないので道中の苦労のほうが思い出深い。



・ストーリー
異世界に召喚された少年が火の勇者としてシェルドラドを救うお話。
ファンタジー的な不思議生物、魔法に大魔王と王道ファンタジーな雰囲気だが
シナリオの後半ではSFな雰囲気も漂う。
特にロボット関連の話は陳腐だが泣ける話になっている。

隠しキャラが何人かおり、ポヨンの加入条件は非常に厳しく不親切。
仲間にしなくても攻略に支障はないがもやもやしたものは残る。

あからさまに怪しいので大丈夫だとは思うがこちらを騙そうとしてきたり
癖のあるキャラやストーリーが多い。今思うと子供向けとはとても思えない。
当時は特になんとも思わなかったけど記憶喪失の少女が奴隷として扱われてるってやばくない?

各キャラクターには個別のイベントが用意されていて、これを達成することで
強力な特技や装備が手に入れられる。エンディングにも関わってくる、



・システム
戦闘部分は特に言うことはないがキャラクターが役割に尖っている。
高火力で紙装甲だったり弱点と長所がはっきりしているのがやや難しい。
どのキャラでも攻略は不可能ではないがやはり格差はある。

特技に関しても強力な攻撃を行う代わりに防御力が下がるとか
メリット・デメリットが存在したりする。強力だが使い所が難しい。
個人的には防御キャラにかばう的な特技があって欲しかった。

メインキャラクター以外にも冒険を助けてくれるキャラがいる。
アイテムを発掘してくれたり通れない場所を通れるようにしてくれたり
様々な面で助けてくれる。



・総括
話は暗いがキャラクターは生き生きしているためそこまででも無い。
RPGとしての完成度は高く、ダンジョンの謎解きも面白かった。

























関連記事



関連するタグ

まとめと感想サイトRSS

タグリスト

シンプル親子カテゴリ

月別アーカイブ(タブ)

 

アクセスランキング

忍者広告




PVアクセスランキング にほんブログ村