記事一覧

VIRUS の話






近未来SFでVRとかダイブとかそういう世界観で調査官として
機械型の化物みたいなウイルスと戦ったりするセガサターンのアドベンチャーゲーム。
ムービーが多くストーリーの合間にちょくちょく入る。というかちょっとした動作も
ムービーになってるようだ。

ゲームシステムとしては脱出ゲームのように色々調べたりして
ストーリーを進めていく。古くはFC版じゃりン子チエやEVE burst error
みたいな感じ。

主人公のサージの声優は井上和彦、ヒロインのエリカは皆口裕子で
豪華さと時代を感じさせる。



・ストーリー
主人公が所属していた傭兵部隊はウイルスの襲撃によって壊滅する。
もしかしたら生き残りがいるかもしれないと僅かな希望を持ちながら、
電脳ネットの犯罪捜査を主に行う組織STANDの捜査官として踏み出していく。
主人公は電脳に不慣れなため専門家である助手として付けられたのがヒロインという流れ。



・システム
会話ボタン、見るボタン、触るボタンなど色々あり、それから対象に対して
カーソルを合わせて決定すると反応が帰ってくる。例えば唇のマークをした
会話ボタンでキャラクターをクリックすると会話が行われる。

これが結構な遊び心が含まれており、頭をひたすらナデナデしたり胸を見つめたり
触ったりのセクハラが行えてしまう。当然やられたキャラクターは戸惑ったり怒ったり
嬌声を上げたりする。全年齢。

株の売買が出来る。ストーリー進行上で大会社の不祥事が起きた時は
やたら高かった株が暴落しているので買い時。



・戦闘に関して
アドベンチャーゲームながらちょっとしたアクション要素のある戦闘が存在する。
武器を選び、敵にカーソルを合わせ、撃つ。主人公のステータスにはHPとAPが
存在し、APは行動すると減るが自然に回復する。

ボス戦では弱点の部分にカーソルを合わせて攻撃しないとダメージが入らない。
確かノーヒントなのでそれっぽい部分を勘で攻撃しよう。弱点さえ見つければ
アイテムでゴリ押しも行けるので詰まることは無いはず。
またボス戦では主人公の攻撃時に攻撃しているアニメーションが流れて中々イカしてる。



・総括
皆口裕子ボイスがたっぷり聞けるSFテイストなアドベンチャーゲーム。
移動がやや反応が遅く操作性はお世辞にも良いとは言えない。
しかし仮想世界の犯罪捜査という胸躍る世界観は素晴らしい。






















EVE burst error

関連記事



関連するタグ

まとめと感想サイトRSS

タグリスト

シンプル親子カテゴリ

月別アーカイブ(タブ)

 

アクセスランキング

忍者広告




PVアクセスランキング にほんブログ村