記事一覧

スーパーロボット大戦F完結編 の話






初めて触ったスパロボがこれで、これから色んな作品を知っていった。
前作が有るのは承知の上でこれしか売っておらず安かったので購入。

このトールギスっていうの強そう!改造しよ!えっ数話でいなくなったんだけど……。
というような洗礼をいきなり受けることになったのが忘れられない作品。

一度目のプレイは基地マスの効果を受けるシロッコのジ・Oに大苦戦し、
ガンダムW勢の自爆などで特攻をかけまくり辛くも勝利するが
修理費でボロボロ、これは駄目だなと一度期間を置いて
初めからの再プレイになった。

ストーリーは全然分からなかったがシミュレーションゲームは
とりあえずMAPにいる敵を全滅させれば物語は進むから便利だよね。



・攻略本の有り難さが身にしみたゲーム
隠しユニットや説得出来るキャラは勿論だが、使い方が全く分からなかった
精神コマンドの挑発の使い方を知ってからは随分楽になった。
どうせ敵は勝手に近づいてくるのにわざわざ使う意味は無いだろうと
思っていたけど奥にいるボスを最優先で叩けるというのは目から鱗だった。

イデオンの使い方も詳しく解説されており、イデオンソードにイデオンガンは
ボスの削りにとてもお世話になった。一度失敗して暴走させてイデオンガンが
こちらに向けて撃たれた時は頭の中が真っ白になったが。



・それでもなんか難しくない?
散々言われている事だがスーパーロボット系の防御力が敵の攻撃力の
インフレについて行けず気力溜めてボスへ一撃する以外に使えないとか、
切り払われる魂使用のフィンファンネルや近接攻撃とか、雑魚戦から神経を使わされる。

リアル系で露払いしスーパー系でボスを倒す役割分担と考えていたものの
必中を使わない限り雑魚に当てることは出来ないスーパー系はやや不遇だった気がする。
中の人の格差も有り必然的に最強メンバー以外ではクリアが難しい難易度だった。



・総括
今と比べると戦闘画面での動きは少ないしスキップも出来ないが
キャラクターが喋りながら戦闘を行うというのはとても新鮮に見えたし
後から原作を見てあの台詞はこの場面の物だったのかと感慨深くなる。

入り口としては難易度が高すぎたかも知れないがこれはこれで楽しめた。






















関連記事



関連するタグ

まとめと感想サイトRSS

タグリスト

シンプル親子カテゴリ

月別アーカイブ(タブ)

 

アクセスランキング

忍者広告




PVアクセスランキング にほんブログ村