記事一覧

ホット・ペッパー  波乱の訓練期間編 の感想

西暦1974年、大東亜戦争を辛勝したIFの日本で
召集令状(ホット・ペッパー)を受け取った主人公の
軍隊生活を描いた作品。完結済み。
波乱の訓練期間編では訓練期間の三ヶ月を描いている。

各キャラは名前ではなく番長やハカセ、ヒッピー君など
愛称で呼ばれているのが個人的に分かりやすく読みやすかった。

日本はアメリカを中心とした西側陣営として東側のソ連や
中共、北朝鮮と対立しているので、いまだに国民の
義務として徴兵制が維持されているという設定。

所謂冷戦時代のもしもを背景に軽めのノリでストーリーや
キャラクターが書かれており中々面白い。
ただ不味い飯に厳しい訓練は大変そうだなと思うが。

実際のところは知らないが軍隊の話を耳にして
如何にもありそうと思わせる話が沢山ある。
理不尽な難癖を付けてきて抗弁したら制裁とか。

時代は70年代だが旧軍時代を思わせる理不尽ぶりで、
巻きシッポ帝国という旧軍モチーフの漫画を見た時の
印象とかなり似ている。フルメタル・ジャケット成分もあるかな?
トッポ君や射撃で取り柄を見つけたぞ!とかそれっぽい部分が。

主人公が機転を利かせて活躍するのはとても良かった。
おかげで下士官に誘われた話を本気で考えたほうが良いと
言われたりするのも好きな展開。

訓練を終了し近衛騎兵旅団に配属となり次の編へ。
大変そうな生活が面白さと同情心で半々になリながら
読み進めた作品でした。

作品へのリンクはこちら。

















赤紙来ちゃいました!!

関連記事



関連するタグ オリジナル小説(ギャグ)オリジナル小説(戦記)

まとめと感想サイトRSS

タグリスト

シンプル親子カテゴリ

月別アーカイブ(タブ)

 

アクセスランキング

忍者広告




PVアクセスランキング にほんブログ村