記事一覧

大長編ドラえもん のび太のそして伝説へ… の感想

もしもボックスでドラクエ3の世界へ。完結済み。
初音ミク、涼宮ハルヒ、折部やすなが登場。
伏線とその開示でそういうことかと思わせられる
練られたストーリー、キャラの掛け合いの面白さ、
応援したくなるキャラの魅力、どれも素晴らしかった。
ギャグとシリアスがどちらもハイレベル。

さっそくバラモスを倒しにいくぞとなるが
もうバラモスは倒されたじゃないかと
両親から教わる。

そこからいつものメンバーと合流し超勇者
ハルヒとの出会いを経て冒険をすることになる。
番外編では同時にバラモスを倒した勇者やる夫PTの
過去話が進む。

最初はギャグの色が強くドタバタしながら旅を
することになるが、徐々にシリアスになり本当の
大冒険を行うことになる。

特にネタバラシの後はとてもシリアスで熱い展開。
ゾーマ戦ははらはらさせられた。

ドラクエ3の世界をドラえもんのメンバーで楽しめるし、
ネタバラシを終えてから読み直すとまた味わい深く
今年に入ってからでは一番好きな作品。

まとめへのリンクはこちら。


















やすなちゃんと遊ぼう

涼○ハルヒの煩悶

関連記事



関連するタグ やる夫系(完結)やる夫系(ファンタジー)やる夫系(ゲーム原作)初音ミク涼宮ハルヒ折部やすな

まとめと感想サイトRSS

タグリスト

シンプル親子カテゴリ

月別アーカイブ(タブ)

 

アクセスランキング

忍者広告




PVアクセスランキング にほんブログ村