記事一覧

スーパーマリオRPG の話





非常にコミカルなマリオのアクションRPG。多数のミニゲーム、
アクションを使った戦闘やダンジョンなど飽きさせない工夫が
大量にあったゲーム。

お馴染みのマリオからクッパやピーチ姫、オリジナルの
マロやジーノを仲間にして話は進んでいく。特にクッパの
キャラはコメディリリーフ寄りでかなり笑える。

何気にやりこみ要素もあり、ジャンプを三十回や百回連続で
成功させると手に入るアイテムとか無茶な物もあった。
勿論クリアしなくても問題はなく、普通にプレイしたい人から
徹底的に遊びたい人まで幅広く受け入れられるように
調整されている。



・ストーリー
いつものようにピーチ姫がクッパに攫われ、
いつものように救出しに行きクッパと対決するが
天から降ってきた巨大な剣が城に突き刺さる。

衝撃で城から放り出され、再び城に出向くと
城に続く道を破壊されどうにもならなくなる。

キノピオからチュートリアルを受けて
とりあえずキノコ城へという流れ。

全体的に暗い雰囲気が漂うことは無く
ギャグとまでは行かないがさっぱりした
後に引きずらないノリでストーリーは展開される。



・システム
戦闘にもアクション要素があり、攻撃時や
防御時にタイミングよくボタンを押したり
することで良い効果が得られる。

通常攻撃からそれなので慣れてくると
ややめんどくささを感じるが、雑魚戦では
長期戦に成ることは珍しいので我慢できる範囲。



・ミニゲーム
ブラックジャックや、隠れんぼ、トロッコ、
ヨッシーレースなどなど多数存在する。
クリアすると報酬があったりするので嬉しい。

どれも複雑な操作は必要とされず
それ故に中々中毒性があり結構嵌った。



・総括
マリオシリーズの中ではかなり独特な空気を持った作品。
しかしシリーズのアクション要素をRPGに組み込みつつ
コミカルな話で纏めていてプレイが楽しいゲームだった。































関連記事



関連するタグ

まとめと感想サイトRSS

タグリスト

シンプル親子カテゴリ

月別アーカイブ(タブ)

 

アクセスランキング

忍者広告




PVアクセスランキング にほんブログ村