記事一覧

やる夫は空に中指を突き立てるようです の感想

Fallout3を原作にしたスレ。完結済み。
エイリアンに連れ去られおもちゃにされながら
過酷なポストアポカリプスを逞しく生きる。
藤堂晴香、リグル・ナイトバグなどが登場。

面白いのが色んな時代の人間が出てくる所。
原作ゲームでは冷凍された日本人武者が
出てきたりしていたが、そんな感じで第二次
大戦時のドイツ軍人が出てきたりする。

そして時代が違う故に価値観が違う人達が
この世界の価値観に触れるというのが
異文化コミュニケーションのようで楽しい。

物語の途中からドイツ軍人のアドラーと
中華系の藤堂春香が加わり、三人で
何とか生活基盤を整えようという話になるのだが
整いつつあるところでエイリアンの邪魔が
入りお釈迦になる。この辺辛いがあとでちゃんと
やり返すのでその溜めの部分だと思われる。

春香とアドラーにはそれぞれ印象的な話があった。
春香は狂ったグールとなっていた上司と邂逅し
正気を取り戻した上官に介錯を頼まれるのが
なんとも言えない気持ちにさせられたし
アドラーも上官に出会い地獄の果てまでお供しますと言う
やり取りが切なさを感じさせる。

最後は宇宙船で大暴れして見事にやり返した。
淡々としたやり取りの中に味わい深いものが有る作品でした。

まとめへのリンクはこちら。



























寄生?ジョ○カーのほほん!

関連記事



関連するタグ やる夫系(完結)やる夫系(ゲーム原作)やる夫系(ポストアポカリプス)藤堂晴香リグル・ナイトバグ泉こなた真紅重音テト

まとめと感想サイトRSS

タグリスト

シンプル親子カテゴリ

月別アーカイブ(タブ)

 

アクセスランキング

忍者広告




PVアクセスランキング にほんブログ村