記事一覧

デュープリズム の話





プレイ時間は短めながらよく纏まっている作品で
会話時にジェスチャーで良く動くのが可愛いアクションゲームだった。
カメラワークも良い。特にミントの可愛さは異常。

ミントは明るく傲岸不遜で口より先にドロップキックが出るキャラで
ストーリーもミント編はコメディタッチで集中線がバーンと
出たりする。印象として強烈に残るパワフルさだった。

もう一人の主人公であるルウも決して悪くはないキャラなのだが
目的も性格も真面目でシリアスさと重たい空気が漂っているので
とっつきにくい所がある。



・ストーリー
ルウとミントにはそれぞれ目的があり、そのために遺産の力を
手に入れようとしている。どちらのストーリーでも片方が登場し
関わってくるのが面白い。

街は一つでそこを拠点に各ダンジョンを攻略していくことになる。
ダンジョンは共通なので物足りなさがあるが、操作キャラが
違えば攻略法も変わってくるので悪くは無い。



・アクション
ルウはモンスター变化、ミントには魔法とそれぞれに
特別なアクションがあるが、基本的にはオーソドックスな
3Dアクションで複雑な操作も必要とされない。

アクションが苦手でもレベルと装備の概念があるので
地道に敵を倒しレベルを上げて装備を整えれば詰まることは
無いはず。



・総括
二人のストーリーをクリアした後に見れるエンディングでは
二人が新たな冒険に出かけるという、露骨に次回作を匂わせる
終わり方だったのでいずれ次回作が出るのだろうと思って
いたのだけど、そう待ち続けて今なので無理そうですね……。
ミントのキャラが好きなので是非続きが見たかった。
























関連記事



関連するタグ

まとめと感想サイトRSS

タグリスト

シンプル親子カテゴリ

月別アーカイブ(タブ)

 

アクセスランキング

忍者広告




PVアクセスランキング にほんブログ村