記事一覧

ピザキモメンの幻想入り の感想

大変自虐的な性格をし自らをピザと呼ばせる主人公のお話。完結済み。
いっそ清々しい程に徹底しているので不快にはならなかった。
作品の文章が読みやすく綺麗で上手いなと思ったせいもある。
習作らしいがとてもそうは見えない。まるで文学作品を読んでいる気分だった。
もし次作や過去作があるなら是非読んでみたかったのだが…残念ながら見つからず。

メインヒロインはパルスィ。嫉妬の仕方や態度が大人の女性を感じさせられ
なにかとパルパルしているのとは一味ちがう。次いで古明地さとり姉妹。
さとりはロジカルなキャラで綿密な論理展開な会話をしてくるので
非常に頭が良さそうに見えた。ピザとの問答は小気味よく読んでいて中々楽しい。
こいしは他人の感情に疎いが目を閉じたせいであり本当は繊細であるように見える。
勇儀やお空なども一個の人格としてのキャラクターが確立されておりそれぞれに
価値観を持っているのがはっきりと分かり見事である。

鬱々とした主人公なら鬱屈したエンドになるかと思ったがハッピーエンドであった。
まあ、屈折はしているが禁欲的で相手が幸せになるなら自分が不幸になって
それの何が悪いんだと突き抜けているので不幸には成ってほしくないような主人公だった。
既に言っているがとにかく文章が良い作品でした。

作品へのリンクはこちら。



















東方入眠抄12 ぱるすい〜と 〜パルスィに狂おしいほど愛される入眠音声〜



関連記事



関連するタグ 二次創作(完結)二次創作(シリアス)水橋パルスィ

まとめと感想サイトRSS

タグリスト

シンプル親子カテゴリ

月別アーカイブ(タブ)

 

アクセスランキング

忍者広告




PVアクセスランキング にほんブログ村