記事一覧

やる実は求めるようです の感想

やる夫は空に中指を立てるようですの番外編。完結済み。
番外編ではあるがストーリー的にはFallout3のメインクエスト
を追っていくので不思議な気分になる。
できない子、やらない子、望月(艦これ)、霧雨魔理沙などが登場。

主人公のやる実はレズでヤク中でvault育ちの癖に
荒廃した世界の価値観に速攻馴染む。元々
手癖が悪くこの時代のために産まれてきたような
性格をしている。

V.A.T.Sは脳と筋肉に極端に負担をかけるものであり
乱用は出来ないし痛みで薬物でも使用しなければ
やっていられないという側面もある。

戦闘ではそれが緊張感を与えてくれて
特にV.A.T.S同士の戦いはとても新鮮で面白かった。

中指を立てるようですと違い基本的には
やる実一人で探索することになるので
他の人物の思惑が入らず話は分かりやすい。

行く先々で出会う人々がいるが、また会おうに
生きていたらと返すのが冗談なのか判断しづらいと
やる実が思うのが改めてこの世界の殺伐さを感じさせる。

薬漬けで体をボロボロにしながらなんとか
メインクエストを達成。最後は大団円で終わった。
個人的にはフォークスとレオが仲良くしているのと
緊張感有る旅と戦闘がとても好きでした。

まとめへのリンクはこちら。
























RUST BUCKETS 5

関連記事



関連するタグ やる夫系(完結)やる夫系(ゲーム原作)やる夫系(ポストアポカリプス)やる実やらない子できない子望月(艦これ)霧雨魔理沙

まとめと感想サイトRSS

タグリスト

シンプル親子カテゴリ

月別アーカイブ(タブ)

 

アクセスランキング

忍者広告




PVアクセスランキング にほんブログ村