記事一覧

シンジが瀕死の祖国を救おうと必死なようです の感想

大国に道路として踏みにじられる【予定の】祖国を救え!
がテーマの知識チートスレ。完結済み。国の名前は
リアルと変わっているがほぼ第二次大戦勃発前の
1931年オランダかベルギースタート。

固定嫁ハーレム+派閥バランスゲーム+
内政チート+架空欧州第二次世界大戦と
書かれている通りヒロインは多く、
萩原雪歩、水銀燈、博麗霊夢、長門有希、
高町なのは、ルイズなど。

固定の嫁は以上だが外交パートで他国の外交官や
首相が美少女なので口説き落として有利にしたりするので
他にも多数登場する。

とにかく知識の量が半端無く、それらが実現され
着々と国力を蓄えていくのを見るのはとても楽しい。
カイゼンの話や先進的な技術を定着させるために
苦労して試行錯誤する様子も面白い。

特に好きだったのはシンジは王室育ちなのだが
コミュニストもビックリの極貧生活をしていて
それでその派閥の好感度を上げるという展開。

キャラで好きなのは忠臣だったギレン。
有能で頼りになるし傍から見れば博打にしか
見えない改革を本気で心配してくれる様子が
良いキャラしてるなと思った。

エピローグはやや駆け足気味だったが大団円で
終わっているので概ね満足。一筋縄では行かない
大国と技術開発が面白い作品でした。

まとめへのリンクはこちら。






































アイドル陵辱14雪歩危険ドラッグ

関連記事



関連するタグ やる夫系(完結)やる夫系(歴史)やる夫系(内政)萩原雪歩水銀燈博麗霊夢長門有希高町なのはルイズ

まとめと感想サイトRSS

タグリスト

シンプル親子カテゴリ

月別アーカイブ(タブ)

 

アクセスランキング

忍者広告




PVアクセスランキング にほんブログ村