記事一覧

スーパーファミコンウォーズ の話






高速モードやAIの思考の違いなど
今の戦略シミュレーションゲームと
見比べても見劣りしない出来だと思う。

この手のゲームが好きな理由としては固有の
キャラクターが存在するSLGと違い、ユニットを
生産しては気軽に使い捨てて行ける所。

多少ユニットをやられて失敗しても立て直そうと
思えば十分立て直せるので、致命傷にはならず
作戦を練り直すのが楽しい。



・個性豊かな敵AI達
歩兵ユニットを量産してくるヘットラー、
攻撃的なフォン・ロッソ、下手を打ってくれるロジェンスキー、
標準的なヤン・デルタ。普通に遊びたいならCPUをヤンで良いと思う。

ラッキーガールのキャロラインは戦闘で向こうに有利な
判定が出るし、ビリー・ゲーツは毎ターン資金+一万という
ぶっちぎりのチート性能で強い。ミスター・ヤマモトは最初から
経験を積んだユニットでビリー程ではないがやっかい。

プレイヤーがビリーを選んでも資金が入ってきたりするので
ハンディ戦などを色々考えて遊ぶことも出来る。個人的には
ヤマモトでビリーを相手にし熟練兵で質に勝る相手に
勝つプレイが中々楽しかった。



・ルールについて
2Pやら4Pマップで遊ぶか決めて将軍とルールを
選ぶ事になるが注意が必要。ここで決めたルールは
後から変えることが出来ない。
新しく遊ぶにはセーブデータを変えるしかない。

優勢勝利は便利だが最後のMAPでは敵が圧倒的に
優位なスタートで、何も出来ない内に優勢判定で
敗北するという羽目に成った。一応勝つ方法はあるらしいが。



・総括
マップも数多くバリエーション豊か。
4Pで多対一など様々なシチュエーションを
作れるのでかなり長いこと遊べたゲームだった。



























関連記事



関連するタグ

まとめと感想サイトRSS

検索フォーム

タグリスト

シンプル親子カテゴリ

月別アーカイブ(タブ)

 

アクセスランキング

忍者広告




PVアクセスランキング にほんブログ村

アクセスカウンター