記事一覧

ドラゴンフォース の話





剣と魔法のファンタジー戦略シミュレーション。
最大兵士100人と将軍1人の計101人同士が
戦場でぶつかる。

将軍は必殺技のようなものをMP消費で使え
相手の兵士を薙ぎ払ったり将軍にダメージを
与えたりすることが出来る。

シミュレーションゲームとしてはそう難しい部類では無く
簡単な方。濃厚なファンタジー世界で戦争ゲームが
気軽に楽しめる。使える勢力も多い。



・ストーリー
使える勢力は初期6つ、クリアで2つ追加の
計8つ。後半の展開は似たようなものになるが
それぞれのシナリオは中々面白い。

ストーリーは一本道ではあるが寄り道的な
シナリオが用意されていて、将軍の数が
増えたりする。



・兵士に関して
ソルジャーやアーチャー、モンクやメイジなどが
存在しそれぞれ相性がある。最強の兵科である
ドラゴニアはアシガル以外には強いという壊れっぷり。



・戦闘に関して
迫力があり操作は難しそうに見えるが
プレイしていれば固まって待つのが強いと
嫌でも気づくことになるだろう。

上下に分散し相手の兵を挟み込んでも
何かボーナスがあったりするわけではないので
兵力を集中させるのが一番強いというわけだ。

この点を押さえていれば相性が悪かったり
城攻めで相手側に有利な補正があっても
なんとかなったりする。

とはいえ、味気ないものではあるので
〇〇の陣!全軍突撃!みたいに気分出して
ノリノリで遊ぶのも悪くはない。



・内政に関して
かなり簡素で築城や探索や兵士の補充程度。
複雑な要素は無くとても分かりやすい。
ただ忠誠度上げがやや面倒か。



・総括
ファンタジーな世界観と戦争ゲームが上手く融合している。
各国ごとにシナリオが有るためボリュームも十分で
飽きさせないのも良い。






























関連記事



関連するタグ

まとめと感想サイトRSS

タグリスト

シンプル親子カテゴリ

月別アーカイブ(タブ)

 

アクセスランキング

忍者広告




PVアクセスランキング にほんブログ村