記事一覧

金田一少年の事件簿 星見島 悲しみの復讐鬼 の話





犯人視点で金田一少年の目を掻い潜り
事件の真相を探りつつ完全犯罪を達成するゲーム。

途中で犯行がばれたりするとバッドエンド。
その数が尋常では無いほど多い。
一度のプレイで達成するのはほぼ不可能だろう。

自分のミスや信じられないくらい目ざとい金田一の推理で
発覚したりそれなりに難しい。



・ストーリー
プレイヤーは二人から選べる。
どちらを選んでも片方も話に出てくるが
パラレルワールドで事件とは無関係。

それぞれ真相や殺害手段が異なる。
中にはライターの気が狂ったとしか
思えないふざけた選択肢も。

物語としてはそう長くない。
バッドが多いのでそこそこ時間はかかるが
これでストーリーも長ければダレていただろう。

それなりに殺害した段階で犯行が発覚すると
原作を読んでいるかのように追い詰められるので
悔しいが面白くも有った。



・システム
選択肢を選び進めていく。
かなり早い段階から凶器をどうするかなど
出てくるが、迂闊に選べば当然バッド直行。

金田一も目ざとく突っ込んでくるので
バッドを繰り返しながらこうすればとか
試行錯誤を繰り返していくことになる。

簡単なアクションパートもある。
見つからないようタイミングよく
抜け出すとか。



・面白い救済システム
バッドエンドになると原作の犯人達がアドバイスをしてくれる。
金田一の身内には手を出すな、とか。
実際に手を出してしまった放課後の魔術師が言うと説得力がある。



・総括
かなり達成感のあるゲームだが
やったぜと喜べるような結末ではない。
もやもやした物が残るゲームでも有る。

良くも悪くも殺人について考えさせられる。





























犯人たちの事件簿 金田一少年の事件簿外伝 1

関連記事



関連するタグ

まとめと感想サイトRSS

タグリスト

シンプル親子カテゴリ

月別アーカイブ(タブ)

 

アクセスランキング

忍者広告




PVアクセスランキング にほんブログ村