記事一覧

スーパーフレンド の感想

友達>恋人な価値観のせいで
付き合えない学園ラブコメ。完結済み。
全13話。ヒロインは高町ヴィヴィオと
柊シノア。

話は基本的にキル夫、ヴィヴィオ、
シノア、天ヶ瀬冬馬の4人で回していく。
途中から遊戯王のユーゴが登場。
コメディ調の明るいノリで進む。

顔が怖く友達が出来なかったキル夫と
外国人で友達が出来なかったヴィヴィオ。
キル夫は普通な方だがヴィヴィオが重い。

『世界一キル夫を愛し尽くす女、ヴィヴィオ
だがそこに恋愛的な感情は一切含まれていない』
怖い!

幼馴染でこの関係を作り出した
シノアも態度には出さないものの
結構重たいところを感じさせる。

なんとか関係を発展させたいキル夫。
そこに冬馬やユーゴが加わり
ギャグ空間を作りながら話が進む。
この緩い空間が好きだし面白かった。

物語は何も解決しないまま
結末を迎えるが、登場キャラの
一通りの過去や掘り下げが
綺麗に成されている。

キャラはとても良かったし
お話も面白くて好きでした。

まとめへのリンクはこちら。























彼女(ヒロイン)は友達ですか?恋人ですか?それともトメフレですか?

ヴィヴィっときてるっ!2

関連記事



関連するタグ やる夫系(完結)やる夫系(学園物)やる夫系(ギャグ)高町ヴィヴィオ柊シノア

まとめと感想サイトRSS

タグリスト

シンプル親子カテゴリ

月別アーカイブ(タブ)

 

アクセスランキング

忍者広告




PVアクセスランキング にほんブログ村