記事一覧

BALDR HEART の話





R-18のロボットアクション。絵師が変わりエロとしては
こちらの方が好み。アクション部分の爽快さは相変わらず。
武器が美少女になったり世界観はさらに末期的に。

話のスケールはスカイに比べると小さく感じるものの
その分話が分かりやすく、進みすぎた技術なSFとオカルトな
要素がこれ以上無いくらいにマッチングしている。



・ストーリー
企業間戦争や傭兵などアーマードコアチックな世界観。
人々は本格的にネットの仮想空間に住処を移し、
とある場所では人の気配のしない静かな都市に
ネットにダイブして寝ている人間が、というスタイルも。

主人公である瀧沢蒼は任務中に少女を助けようとして負傷、
除隊して故郷に帰ることになる。そこでウイルスに襲われ
戦闘を余儀なくされるが、そこに助けた少女が現れる。

少女は自らを妖精と名乗りシュミクラムに同化。
すると再び戦えるようになる。少女の正体は何者なのか、
主人公の過去に何が有ったのかが描かれていく。

攻略していくヒロインの順は決められており、攻略していくと
物語の全容が見えていくというシステム。バッドエンドは
心に来るものがあるので注意。特に天ヶ瀬茉緒のは痛々しくてキツイ。

特に良いなと思ったのはシリーズでネットの仮想空間の都市伝説として、
「仮想空間の花を摘むことは出来なかったが、皆が花を摘みたいと思ったから
摘めるようになった」、というようなものがあるが、その話を活かしきった所。

噂が本当になるファンタジーな話が仮想空間では実現できちゃうわけだ。
これが鈴宮凪のギミックにも繋がったり噂を食い止める秘密組織が存在したりと、
サイバーパンクながらファンタジー臭がするチグハグさがとても好きだった。



・戦闘システム
基本は変わらず。武器の育て方や拡張も変わらないが、武器が武装した少女の
形を取っており、武器を使っていると少女の声も一緒に聞こえてきたりする。

戦友の関係にある武器同士を使っていると武器が成長しより強くなる。
様々なコンボを考えさせる要素だろうが、好みでない武器も成長のために
使っていく必要があるのはかなり苦痛。

その声が多かったのか、バルドハートEXEでは自由に成長させられるようになっている。



・エロに関して
シリーズで一番エロゲっぽい。好みのシチュは少ないが絵は十分。
ストーリーとキャラも良いので実用性は高い。



・総括
より楽しくなった戦闘、綺麗に落ちてるストーリーで
ダレることもなかった。やりこみ要素も多く満足。



























BALDR HEART 通常版


関連記事



関連するタグ

まとめと感想サイトRSS

タグリスト

シンプル親子カテゴリ

月別アーカイブ(タブ)

 

アクセスランキング

忍者広告




PVアクセスランキング にほんブログ村