記事一覧

メタルマックス3 の話





無法が蔓延るポストアポカリプス世界を戦車で自分探しの旅に出かけるRPG。
個人的にはシリーズの中でストーリーと音楽が一番好き。
特にラスボス戦のBGMは記憶にこびりつく。

最強のレベル1という触れ込みだが、実際強い。
特にHPが高く序盤でやられるということはまずあり得ない。
この手のRPGが初めてな人もシステムに慣れるまでは
主人公の強さがアシストしてくれる。

キリングマシーンのような出で立ちをしている主人公だが
選択肢の中にはおちゃらけた返答も多い。
イメージは好きにしてくれということなのだろう。

選択肢によってはその場でエンディングになる。
シリーズでは結婚を選ぶのがお馴染みだったが、女を連れて逃げるとかも。
何度も確認の上セーブもしてくれる親切設計。



・ストーリー
ゲーム開始時にいきなり死んでいたようで蘇生させられる。
目覚めてみると自分の名前も思い出せない記憶喪失。
各地でトラブルに巻き込まれながら自分の生い立ちを探すことになる。

砦を守る巨大ロボ、シェルターをもじったシエルタの町、
挫傷した船が新興宗教の町になっているラスティメイデンなど
独特で個性的な場所が多い。

何故最強のレベル1なのかも伏線であり回収されるのは見事。
賞金首や他のハンター達も魅力的。



・コーラというキャラクター
パッケージに写っているゲームのヒロイン。
最初はワガママでかなり鬱陶しく思える。
可愛く思えるのは中盤から終盤にかけて
コーラとの付き合いが増えてからだった。

物語にも深く関わってくるキャラクターで
ラスボスから目をつけられ執拗に狙われる。
その上で全く狂気的で理不尽な理由から悲惨な目に合わされたりするので
最初は腹立たしく思わせられても次第に同情の念が強くなっていく。

むしろそんな目に合っても芯は折れないコーラの心が
輝いて見えて好きになったキャラクター。

最後の進め方によっては逃げ場のない爆発寸前の船の上で
キスをするという事が出来て実に浪漫溢れる。



・戦車システム
シリーズおなじみの戦車。今作では一部の戦車は
ダブルエンジンに改造出来てエンジンを2つ載せられる。
デメリットは無いので単純に強化される。
それでも尚重たい武器を載せようとすると結構辛い。

パターンを改造することによって固定武装が増えたりするが
固定武装は外せないため、それだけ自由度は減ってしまう。
自分の好みに合わせて改造しよう。

一押しの戦車装備はスモールパッケージ。
異様なまでに軽く弾数も多い。ただ販売されるかどうかは
ゲーム開始時の店売りパターン判定によって変わるのが難点。



・通信売買システム「ホックの交易所」
物語の途中で自分の店が持てるようになる。
値段は自分で付けられ、それを通信で他のプレイヤーに
売ることができるシステム。

活用することは無かったが自分としてはこれだ!と思ったシステム。
せっかくの荒廃世界なのだからドラクエのような移民で町を作るような
おまけが有っても良かったんじゃないだろうか。むしろ欲しい。

メタルマックス2Rには施設を建てられるおまけが存在したが
あんな感じで店を育てたり売上を徴収できたらなあと。



・各職業所感
見た目としてはナースとアーチストが好みだったので
それらを加えてプレイしたが、賞金首相手の生身での戦闘がかなり辛かった。

ナースが脆い。全体回復ができるのはとても便利だったので
レベルさえ上げてしまえば何とか。

そもそも主人公が強めでタフなのである程度趣味に走っても
なんとかなるバランスに成っている感じがした。

安定性を求めるならやはりナースを抜いてソルジャーか。
戦闘だけを考えればアーチストもメカニックに入れ替えたい所だが
超改造ができるのはアーチストのみなので1人は入れておきたい。

レスラーは未使用。



・総括
荒廃した雰囲気とストーリー、退廃的ながら生き生きしたキャラと
楽しめる要素は多かった。後発と比べるとシステム面で不便さが目立つので
3のリメイクを心待ちにしている。































関連記事



関連するタグ

まとめと感想サイトRSS

タグリスト

シンプル親子カテゴリ

月別アーカイブ(タブ)

 

アクセスランキング

忍者広告




PVアクセスランキング にほんブログ村