記事一覧

やらない夫は不良物件(姉)を抱えているようです の感想

理不尽な姉とのやり取り中心のシュールかカオスなギャグ……と
思って読んでいたけど途中から不穏な空気が漂い始めサスペンス風味に。
完結済み。全13話。怪物王女のリリアーヌ、涼宮ハルヒ、人類は衰退しましたの
わたし、朝倉涼子、柏葉巴などが登場。

日常というタイトルがついてる話では横暴な姉のリリアーヌ、
よくわからない親友のやる夫、いつの間にかいるハルヒを混じえた
ギャグが中心に見えた。

心霊現象に悩まされたり変な世界に迷い込んだりやらない夫は
やらない夫で何処か普通ではない感じがする。

しかし事件というタイトルが付いてからは日常の裏側的な?
日常最後の話でやった種明かしみたいな展開が始まる。

時系列が前後してパッと見では良くわからない事が多かったりして
何度か読み直してああそういうことかとなる事が結構。

結局ハルヒや巴や幽霊は何だったのか謎は謎のまま終わるのでかなりもやもやするが
日常のぶっ飛んだ展開や表現でドキッとさせられるのは面白かったし
最後はなんとなく良い話気味に終わった事件も話自体は好きだった。

良くも悪くも様々な要素を入れた闇鍋のような作品でした。

まとめへのリンクはこちら。






























姉なるもの 1


怪物屋敷のHな日常
怪物屋敷のHな日常


関連記事



関連するタグ やる夫系(完結)やる夫系(サスペンス)リリアーヌ・フォン・フェニックス涼宮ハルヒ朝倉涼子わたし(人類は衰退しました)柏葉巴清浦刹那

まとめと感想サイトRSS

タグリスト

シンプル親子カテゴリ

月別アーカイブ(タブ)

 

アクセスランキング

忍者広告




PVアクセスランキング にほんブログ村