記事一覧

エルレイシア戦記 の話

erureisia.jpg

全てマウス操作なのが若干しんどいフリーのファンタジーなターン制戦略シミュレーション。
国を選びエルレイシア大陸を統一するのが目的となる。
シナリオは4つ。しかしプレイ中のイベントはほぼ無い。

ゲームクリア後に使用していたユニットを登録することが出来る。
このユニットはシナリオ開始時に白い空白地帯をクリックすることで
自分のオリジナル国を作ることが出来、そこに入れることが可能。

キャラメイクではその国の君主として1体のみ作製可能。
ステータス、クラス、ボーナスポイントはランダムなので
ボーナスポイントが多く出るまで粘るのが楽しい。

ふりーむ!からのダウンロードはこちら。



・戦略画面について
外交、アイテムの売買、特定の月に寡兵、移動と戦争が行える。

外交は相手の機嫌を取れる進物で金品(費用1000)やアイテムを送ったり
同盟交渉や勧告(隷属要求)、同盟破棄が行える。1ターンの行動は2回まで。

アイテムの売買は商人から回復アイテムや武器や防具を購入できる。
何が売られているかはランダムなのでお金に余裕が出てきたら頻繁にチェックすると良い。

寡兵はとても重要でランダム生成される在野のユニットを配下に出来る。
ユニットにはコストがあり、毎ターン収入から引かれる。

内政要素は無いので領地の収入を上げるなどは出来ないため
コストと収入のバランスには気をつける必要がある。

移動は領地間のユニットの移動。戦争は他国にユニットを移動させる。
宣戦布告などは要らない。勝手に攻め込める。



・戦闘に関して
オーソドックスなターン制シミュレーション。一つ一つクリックで移動させるのは
中々面倒。城などには防御効果がある。互いに総指揮者を倒されると敗北。
AIに任せる簡易戦闘も可能。これだと数秒で決着する。

敵ユニットの周辺4マスに2体以上の味方ユニットを隣接させると回避率と防御力ダウン。
囲んで叩く事で有利になることが再現されている。

安いがライフポーションは馬鹿にならない回復力が有るので
回復魔法がない場合持たせておくと安定する。



・ユニットについて
国の固定ユニットとランダム生成されるユニットに分かれる。
クリア時に登録できるのはランダム生成の方。

このランダム生成が中々曲者で、弓兵の癖に回復魔法を覚えていたり
ステータスが高かったりでランダムの幅がかなり広い。
最強軍団を集めていくのも中々楽しい。

装備は3つまで。それぞれのタイプごとに1つずつで、武器を2つ持たせて
攻撃重視、みたいなことは出来ない。持たせること自体は可能だが
数値が反映されない。

ユニットが50体以上敵を倒すと上級職にクラスチェンジする。
このキルカウントは引き継ぎ出来るので達成するのは難しくはない。
強いて言えば威力の有る攻撃が出来ないと辛いか。



・総括
AIに操作を任せて観戦することも可能で、強いユニットを集めて
オリジナル国を作りどのように戦っていくかを見るのが好きだった。

しかしAIが結構アホだったので中々上手く行かなくて……。
そんな感じで昔嵌ったゲームの1つ。




























グランクレスト戦記 1


関連記事



関連するタグ

まとめと感想サイトRSS

タグリスト

シンプル親子カテゴリ

月別アーカイブ(タブ)

 

アクセスランキング

忍者広告




PVアクセスランキング にほんブログ村