記事一覧

やる夫とやらない夫のユービック の感想

SF小説「ユービック」を原作にしたスレ。完結済み。全14話。
金糸雀、涼宮ハルヒ、朝倉涼子、インデックスが登場。

超能力者の出現によって何もかもが変わってしまった2092年のニューヨーク。
社長ヤランシター(やらない夫)は超能力を打ち消す能力を持つ不活性者達を率い
超能力者に対抗することを仕事としている。

太陽系最強のテレパスである水銀燈を見失い、ヤランシターは死後冷凍保存され
時々に応じ会話が出来る妻に相談しに行くことになるが、不可解な事が起きる。

ヤランシターの下で働くやる夫は反予知能力を持つというハルヒと接触することになる。
しかし彼女の能力は極めて強力で、現実改変能力としか思えないほどだった。

クライアントの依頼で水銀燈のような能力者達を率いる企業の夜神月の所へ
11人の不活性者達を選抜し乗り込むが、全ては罠だった。

負傷し自らも冷凍保存されるヤランシター。ハルヒの改変も何故か出来ない。
此処からオカルト地味た現象が起き始め物語はクライマックスへと加速していくことになる。

キャラクターの会話は軽妙でありテンポは良い。
やはりAAとはいえ図による説明があるのは分かりやすく、とても有り難い。

9話からのあああああそういう事か!となる面白さは凄い。
かと思ったら10話でまた分からなくなって……何が正しいのか惑わせてくる。

最初の不可解な出来事が後で繋がったり、ピースが当てはまっていくアハ体験が素晴らしい。
合間合間に入るコマーシャルも良かった。

最後のオチは正直良く分からなかった。現実にまで侵食し始めたのかな?と考えたけど
今度は逆に導かれる側になった、という解釈も成るほどねと。

何か凄いSFで凄いオカルトな話だなと思いました。

まとめへのリンクはこちら。
































ユービック


えっちぃこと
えっちぃこと


関連記事



関連するタグ やる夫系(完結)やる夫系(SF)金糸雀涼宮ハルヒ朝倉涼子インデックス

まとめと感想サイトRSS

タグリスト

シンプル親子カテゴリ

月別アーカイブ(タブ)

 

アクセスランキング

忍者広告




PVアクセスランキング にほんブログ村