記事一覧

ヴァーレントゥーガ拡張シナリオ の話 その6

Clipboard15.jpg



・イヴリス大陸戦記
魔界から魔族が侵攻しイヴリス大陸を支配。
魔族は各々の国を建国するが魔王が病死し権力争いで魔族大戦が勃発。
そのためマーメイドやリザードマン、ドラゴン、アンデッド、魔女、ドワーフ、
エルフ、和風の妖怪など多種多様なファンタジー種族の国家が多く、人間国家は2つしかない。
ドワーフは銃が使える。大規模な戦闘や天使や過去の英霊なラスボス勢力から光の目に近い感じを受けた。

内政では人材の発掘や城壁や経済値の上昇、兵の訓練などを国家Pと資金を消費して行える。
特に強力なのは無名人材が手に入る推挙で、クラスは勢力の一般雇用できるものからランダムで
所持スキルもランダムなのだがリーダースキルの数値の幅が広く、強力な人材が手に入ることも珍しくない。
魔術師なのに防御30%アップとかチグハグになったりもするが。
マナPの使いみちは未実装。

傭兵の雇用も可能。1回雇えばずっと居てくれる。

人材の詳細から朧気な史実は読み取れる。簡素では有るがイベントはそこそこ多い。
一部にOPが実装されているのみで詳しいストーリーはよく分からない。
OP、ED、途中のイベントで完成されてるのは恐らくアイギナのみ。

収入が経済値の8倍なのとユニットの値段もそう高くなく、戦力を揃えやすい。
しかしそれは敵も同じなので難易度ノーマルでも複数敵を抱えると厳しくなる。
というかノーマルでもAIには資金ボーナスがあるようで凄い数が出てくる。

個人的にお薦めなのはヴァンドーム王国。北の隅に追いやられた人間国家で
静かに力を蓄え英雄の誕生と共に魔族たちへ反抗を開始する。しかし不穏な影が……というシナリオ。
立地が隅っこなので背後を脅かされること無く拡大していけるのが強み。EDが無いのは残念。

ラスボス勢力が強くかなり歯ごたえがある。久々に疲れた。








Clipboard16.jpg



・エリニュスの涙Ver0.271
概ね銃と魔法のファンタジー。
各勢力8割位はOPとEDが実装済みで各国に数個ずつくらいはイベントが用意されている。
ファンタジー的な種族は少なく、人間国家同士の争いがメインとなっている。
王国、王朝、帝国、連邦などなど。

総領地数96、初期勢力22と結構な数が用意されている。
中ボス的な勢力やラスボス勢力も登場。

ゾーン制(選択可)、自領地から2マス先まで進行可能。
内政無し。

登場する兵科や兵器は近代的な兵器から魔導砲兵のようなものまで様々。

セベラニア国という雷管式銃兵しか雇えないくっそピーキーな国家を試しにプレイ。
これがリロード無しで移動速度がそこそこなため育つとかなり強い国家に。
防衛時は味方遮蔽も機能しないので恐ろしい強さを誇る。

隣国の無期限同盟国家であるブルーラム市国を手助けして一緒に勢力拡大していった。
のだが、この国同士で吸収合併イベントが有って苦境に立つ必要があり返って悪手だったかも。

25ターン目にラスボス勢力ぽいのが登場。難易度ノーマルだとレベルが低く苦戦はしない。








Clipboard17.jpg


・パラダイムウィンドウver1.85
世界観はよく分からない。世界は丸いという人も居れば平らだという人も居る。
勢力選択時に「ログインしてください」と出るので精神世界だったりコンピュータな世界なのか
まあそんな感じなんだろう。

このような世界についての話や自軍についての話は各勢力にある勢力会話から聞くことが出来る。
勢力によって独自の内政があり内政が無い勢力も有る。その中でも特に内政的な要素が強いのは
ケイジアンの研究開発投資。レベルを上げると特定の人材が必殺技を覚えたりするのだが
殆どが放浪人材なのと費用が馬鹿にならないので無理して上げる必要は無い。

AIボーナスか何なのか勢力の一般雇用ではない兵科を雇っているのをよく見る。
また人材は陪臣をよく取るので、お目当ての人材が他国で陪臣になっていたり
思わぬ所で躓くことも。

クラスの説明は2行程度で簡素だが、クラスチェンジするごとに説明が変わる凝りようは好き。

EDが無い勢力は全領地を占領してもクリアにならないっぽい。






































虹色のトロツキー (1)


関連記事



関連するタグ ヴァーレントゥーガ

まとめと感想サイトRSS

タグリスト

シンプル親子カテゴリ

月別アーカイブ(タブ)

 

アクセスランキング

忍者広告




PVアクセスランキング にほんブログ村