記事一覧

SEQUEL colony の話






女性上位ばかりの骨太18禁RPGなシリーズ3作目。
絵はどんどんエロく成っている印象。巨乳キャラも多い。

今回は特に序盤から敵の攻撃が激しく盾役のオーリスをガッチガチに固め
バフデバフをしっかりかけないとボス戦では辛い戦いを強いられる。
レベル上げやスキルを覚え直すなど駆使して突破口を見つけよう。

今作はスキルツリーが2つ存在していて、例えばオーリスならば
盾として活躍できるスキルツリーと攻撃的なスキルツリーがある。
切り替える事を忘れて回復役いなくて辛い!とかならないように。

前作とは違い4人の固定メンバー。前述のスキルツリー2つのおかげで
1キャラに2つ役割をもたせることが出来るわけだ。

シリーズ3作目であるが1作目のヒロインがそのまま出てくるので
プレイしていないと辛いかもしれない。一応最低限の説明はされるし
ストーリー上の重要な役柄を担うほどではないので、置いてきぼりにされるほど
ついていけない展開が繰り広げられる、という事は無い。

ただシステム周りでどんどん便利になって行ってるので、これをやってから
過去作をやると不便に思うことが多いかもしれない。
バフ・デバフの残りターン数表示はこの作品からだし。

ちなみにここから先はボス戦だとか罠だとかのシステムからの警告は無いが
周囲に屍が散乱していたりするのが無言の警告となっている。



・ストーリー
監獄のような所で目を覚ます主人公。不審に思ったオーリスと行動を共にすることに。
彼女は蟲の大軍によって島民が蟲の魔物に変わった危険地帯である島、シスマの調査に
やってきていた。彼女と一緒に探索をしている内にエメラとレステアが仲間に。

調査団の裏切りにより自分達も蟲の呪いを受けてしまうが
ラビィ達の助けにより現代に蘇る。どういう理屈かは分からないが
主人公は過去のシスマに干渉をしていたのだ。

ラビィや偽ラビィやケミカも仲間に加わる。ラビィ以外は戦闘には参加しない。
引き続きシスマの調査を行うことになる。

シスマという1つの島国の割に火に覆われた場所や雪に覆われた場所と言った
気候の差が激しい。地底に森があったりする。これはそれぞれに関するマナが強いせいのようだ。

そしてレステアの秘密、シスマの歴史の真実を知ることになる。
物語に一区切りが付いたがすることもないので調査を続けることに。

オーリスの秘密と謎を打ち明けられる。妖精たちの英雄に会い
シンが何者なのか調べる内に、さらに残酷な事実を知ることに成る。

どうしようもない復讐劇に終止符が打たれ、スタッフロールが流れ
これで終わりかと脱力してるとオーリスにこれからだと言われる。
確かにこの時点で魔物図鑑やイベント達成率は7割程。

クリア後はチキニル狩り解禁。妖精の里から。
前作のキャラが船でやってきたり騒がしくなってくる。
暗い話続きだったので純粋に嬉しい。

さらなる謎を求めるのも良いが、まずはチキニルでレベル上げだろう。
転生も可能ならばしておきたい。クリア後はさらに敵が強い。

転生に必要なマナの波動塊は英雄倒すと確定で手に入る。
カーミアは特に脆いのでバフデバフしまくって5ターンくらいで倒せるようになったり。

薄々予想は出来ていたがとにかく話が暗い。救いようがない。
人間の愚かさ、残酷さをこれでもかと煮出したようなストーリー。
おどろおどろしい場所を冒険するというより探索する感覚が近い。

他の国を匂わす描写が結構あったため、アップデートか
次回作の舞台となるだろう事は予想できるので今からもう楽しみ。



・強敵雪だるま君
開幕は防御しないと全体にHPを1にさせられる攻撃(ターン経過で再び撃ってくる)に、
全体に確率で即死の攻撃、強力な氷属性の攻撃とヤバイ。サブイベントなので
別に後から倒してもいいが、倒すならデッドガードやエメラの全体回復は欲しい。



・強敵アマルダ
変身後は全体混乱や全体忘却かつ威力が高い。到達直後だとちょっと勝ち筋が見えない。
物凄く気になるが後回しにしてレベルを上げたほうが良いかも。



・強敵シン
混乱無効化は必須。攻撃も非常に強力。バフをかけてから腐敗の風で
フルコンボを2回叩き込みなんとか押し切った。



・強敵揺蕩う者
目くらましが鬱陶しいくらいで異様に弱いと思ったらやはり第2形態有り。
80くらいまでレベル上げてたけど開幕の攻撃で死にました。睡眠無効化が必要。
困憊状態にしてきたり全体大ダメージ+能力ダウンの攻撃と非常に辛い。
楽に倒したいならサクサのダンジョンで装備を集めたり限界まで転生したほうが良いかも。

蟲の唄で自分を超強化したら確実に打ち消さないといけない。
3回転生して万全の状態だと思ったのに崩されてしまった。
それだけ気をつければ楽勝とまでは言わないがまあ勝てる。



・サクサのダンジョン
入り直すと宝箱の中身が固定で復活。雑魚を倒すと経験値は無いが
たまに装備と交換できるスタンプが手に入る。1段階だけの強化なら
コモンのスタンプも手に入りやすいし強化しておくと良い。
主っぽいのからは同じく交換用のマナが手に入る。
交換はサクサビーチにいるサクサで行える。



・刻印システム
今回武器の数がめっきり減った代わりに武器に刻印を付けることができる。
刻印は取り外し可能でHPを上げたり攻撃力を上げたり各種ステータスの底上げなど
便利な物が揃っている。同じ刻印を重複して取り付けることも可能なので特化させるのも面白い。



・定番のゴミ集め
今作では一定数集めると便利アイテムを拾ってきてくれるようになる。例えばイデアの櫃は
主や採集ポイント復活がこのアイテムで出来るようになり使用回数も転送剣に触れるだけで回復する。
その次は戦闘終了後の獲得資金が倍になるアクセサリー、魔物に見つかりにくく成るアイテム、
全状態異常無効のアクセサリーの順。

ゴミはサクサのダンジョンで無限に集まる。



・チキニル狩りに関して
クリア後妖精の里から行ける。今作ではチキニルが使うとレベルを上げられる種を落とすので
転生後にレベル1になってもオーリスに拘束かつ先手必勝を覚えさせ、レステアに腐敗の風を
覚えさせる程度に種を集めていれば簡単にチキニル狩りを再開できる。30分もあれば99になるだろう。



・キャラに関して
オーリス...PTの盾役。攻撃でデバフをかけたり全体攻撃もいけるが
防御系のスキルを取ったほうがボス戦は安定する。

エメラ...魔法による回復や攻撃役。火力が魅力だがやはり回復を
重視して取ったほうがボス戦は安定する。パイルバンカーの一撃は強力。

レステア...トリッキーな攻撃とデバッファー。スタンさせる攻撃は
割とボス戦でもかかるのがいて強力だが安定しないので、やはり
デバフスキルを中心に取っていったほうが良さそう。命中低下の薄闇がかなり効く。

ラビィ...アタッカーとオールラウンド。一気にフルコンボまで取りたいところだが、
TPを安定して上げられるようにスキルを取ったほうが良いかも。
SP消費せずTP消費の技ばかりなので。
全体回復魔法も覚えるのでかなり悩ましい。



・エロに関して
ラビィがどんどんエロくなる……。1作目からの関係もあって
物凄く積極的に搾り取ろうとしてくる。

個人的にツボに入ったのがエメラ。修道女のような痴女服を身にまとい
超でかい巨乳の夜魔で喋り方はお淑やかだが性格はドエロと薄い本から出てきたようなキャラ。
えっちなシーンもこちらを完全に手玉に取って責めてくれる。

今までのシリーズで味方となる夜魔は想像より大分離れていたので
自分の想像通りの如何にもサキュバスのような夜魔が出てくれたのはとても嬉しい。
偽ラビィとのやり取りも面白い。

あとケミカ。ポケモンのオカルトマニアの二次絵で胸を盛りまくったのが有るけど
あれに近くて、あれが好きなので結構気に入ってる。



・総括
今回話がとにかく暗く憂鬱な気分にさせられるがやはり面白い。
難易度が若干高めというか一撃でHPの半分以上持っていく敵が多く
簡単に死んでしまうのが結構辛い。クリア後でならそれも良いんだけど
メインストーリーからそんなのが多いのは辛い。

巨乳キャラが多くパイズリもあったのは好き。

















SEQUEL colony
SEQUEL colony


関連記事



関連するタグ

まとめと感想サイトRSS

タグリスト

シンプル親子カテゴリ

月別アーカイブ(タブ)

 

アクセスランキング

忍者広告




PVアクセスランキング にほんブログ村