記事一覧

やる夫が幸せな冒険者になったようです の感想

「やる夫が冒険者予備校に通うようです」の続編。完結済み。
番外含め全59話。
真紅、美墨なぎさ、田井中律、平沢唯、中野梓、イリヤ、佐天涙子、ルイズ、羽入など多数登場

前回に続き空気は変わらず緩いギャグファンタジーの様相が強い。
予備校を出て実際に冒険を行うのでファンタジーさは増した。
食い物オチが多いように見える。

「姫君とイチゴのケーキ」は程々の冒険と城を抜け出した小さな姫様の
我儘に付き合うという王道な筋書きでいつものキャラと空気が混ざり合い
個人的には凄く良いなと思った。

「騎士が為に竜は鳴く」は冒険者カードのバグでエベロンに寄ることになるが
ブラックドラゴン退治を受けることに成ってしまう。戦闘ではこれが一番気合入ってた話だと思う。
ルルとカレンの話は驚かされたがやはりギャグ的なオチで安心した。

「火いずる山の魔女」は温泉が出ない温泉宿の事件。
今回は特に食べ物ネタが多かった。しかし山芋大噴火は笑った。
番外編でも言及されてるのは良いね。

「折れた剣で守るもの」は思い入れのある剣が折れてしまったのでその修理。
鉱山で偽物に出会い本物を見分けるとか仲間は見捨てないとかのやり取りは面白かったし、
はやてのAAは爆笑してしまった。

「今、あなたに伝える言葉 」はモンスターの襲撃事件を省みて結成された
特別警備隊に参加することに。病気の母を助ける、墓を荒らした祟りなど
王道な要素が多くそうそうこういうので良いんだよみたいな気分に。

ギャグ色は強いが前作と比べると全体的にこれぞ冒険ファンタジーという作りになっている。
どうしても訓練が元になる予備校から出ての話なのが大きい。
戦闘などで適度にハラハラする場面や意外性も多かった。あとモンスターとか、
世界観に触れてる感じが出てて好き。

総じて前作で不満だった点が解消されており、確実に面白くなっている作品。
ボリュームも十分。しかしもう少し読んでみたいかなと惜しい気持ちにもなりました。

まとめへのリンクはこちら。



























【合本版】新装版フォーチュン・クエスト 全9冊収録


魔法少女VS幻想郷・マジカルバトルアリーナNEXT
魔法少女VS幻想郷・マジカルバトルアリーナNEXT


関連記事



関連するタグ やる夫系(完結)やる夫系(ファンタジー)真紅美墨なぎさイリヤスフィール・フォン・アインツベルン佐天涙子ルイズ羽入田井中律

まとめと感想サイトRSS

タグリスト

シンプル親子カテゴリ

月別アーカイブ(タブ)

 

アクセスランキング

忍者広告




PVアクセスランキング にほんブログ村