記事一覧

やる夫の友達が、アイマスに○○万円つっこむようです の感想

律子Pであるルルーシュが惜しげもなく金を使う様子を描いた友情物語短編。
全3話。秋月律子が登場。

やる夫の回想形式で友人であるルルーシュがアイマスに出会い
その沼に喜んで全力で沈んでいく様子を描いている。

ゲーセンにいくらつぎ込んだとか、グッズにどれくらいとか
いくらつっこんだのかを計算していくのだが、合間合間に大学生活や
友達付き合い、当時の関連商品も語られていくことになる。

このルルーシュのキャラクターが面白く、居丈高な態度でありながら
何処か憎めない。なんだかんだで付き合うやる夫とのやり取りも
辛辣な一言が小気味良い。

アーマード・コアをコントローラーを改造して移動担当、火器担当で分けて
一緒にプレイするのなんかは実に良かった。

昔やったゲームのゴエモンインパクト、あれも2人プレイで操作を分担できるけど
連携が取れずに微妙な空気に成ってしまった事を思い出すと余計に。

ルルーシュから語られる言葉は律子にはこのキャラとの組み合わせが良いとか
律子への愛に溢れており熱気が嫌でも伝わってくる。性格の悪さから所々意地が悪かったりして
確実に面倒くさいオタクなのは間違いないのだけど愛だけは本物。

しかしアイマス2の発表によって律子との物語は結末を迎えてしまう。
これだけの経緯を見ているだけにどれ程のショックだったのかは計り知れない。

愛情と熱情、そして友情がとても楽しめた作品でした。

まとめへのリンクはこちら。

























「アイドルマスター」THE IDOLM@STER MASTER ARTIST 3 13 RITSUKO AKIZUKI/秋月律子(CV若林直美)(アルバム)


りつパイストロベリー
りつパイストロベリー


関連記事



関連するタグ やる夫系(完結)やる夫系(ゲーム原作)秋月律子

まとめと感想サイトRSS

タグリスト

シンプル親子カテゴリ

月別アーカイブ(タブ)

 

アクセスランキング

忍者広告




PVアクセスランキング にほんブログ村