記事一覧

【ポケモン】やる夫から君へ の感想

背景と心理描写が極めて重たい空気のやる夫と、対戦の試行錯誤をテーマにしたポケモンスレ。
エター。やる実、長門有希が登場。

やる夫は小学生の頃にポケモン大会で優勝したこともあるが今は25歳のニート。
毎日負い目と焦燥感に苛まれながらもネットで無駄に時間を潰す日々を過ごしていたが、
ある時母が心筋梗塞で倒れる。

父は既に他界し、妹のやる実と母の3人暮らしで経済的にも困窮している状態で
ついにやる夫は働くことを決意する。大学進学を諦めるやる実やそれでもやる夫を気遣う母など
かなり読んでいてキツイと思う描写が多い。

バイト先のギャル夫が良い人で助けられながら頑張って働いていると
賞金1億のポケモン大会のチラシを見かけ、再びポケモンを始めることになる。

同時に過去の回想で何故やる夫がニートになったのかも具体的に明かされ、
所謂もっとらん星に生まれた事が良くわかる。それでも好きだったポケモンを
もう一度やる事で元の調子を取り戻して行くのに僅かな希望を見いだせる。

しかし初代から今の環境に踏み込んでみるとまるで勝手が違い連戦連敗。
もうあらゆる技にボッコボコにされ現実を認められない様は酷くて見ていられない。

1勝も出来ずに苦悩している所にレイと名乗るイケメンが現れ
思い切って打ち明けてみると協力してくれることになる。

此処からポケモンバトルの解説と考察スレも兼ねることになる。
物語に直結しているので苦ではないしむしろ惹き込まれた。

いよいよ大会という所でエター。やる夫が苦悩している姿は
こちらまでプレッシャーを感じるほど濃厚に映し出されていたせいか
やる夫に幸あれと願うばかりの作品でした。

まとめへのリンクはこちら。





















ポケモントレーナー20年史


DL-SOS総集編
DL-SOS総集編


関連記事



関連するタグ やる夫系(ゲーム原作)やる実長門有希

まとめと感想サイトRSS

タグリスト

シンプル親子カテゴリ

月別アーカイブ(タブ)

 

アクセスランキング

忍者広告




PVアクセスランキング にほんブログ村