記事一覧

やらない夫先生の次回作にご期待ください の感想

作家のやらない夫がリアルなホラー小説を描くため沼に嵌っていくクトゥルフ風味現代ホラースレ。
完結済み。全9話。
長門有希、菅野史、輿水幸子、鷲沢文香が登場。

ラノベ作家として連載を続けていたが打ち切りを伝えられる。
さらには父が死に遺産の件で家をどうするかという話になり
とりあえず実家に足を運ぶことになる。

そこで父が変に怯えていたこと、不思議な体験をしたことが書かれている
日記をみつけ、自身も恐ろしい体験をすることになる。

この影響が打ち切りの決まった最終巻に出たのか、暗い話になるが
反響が有ったのでホラーを書いてみましょうという流れに。

以降も恐怖体験が続きそれをネタにして書くことが続く。評判は良い。
とは言え話にするのは何だか恐ろしいし……と考えるも初めてのジャンルで
体験無しにはリアルな描写が書けず、編集者である新城の顔も渋くなる。
そうやって色々追い詰められていくのが面白い。

またホラー部分だけではなく作家としての苦悩や長門との日常、
頼りになる彼女の菅野とのやり取りや新城との相談も見所で
この辺の描写が静かで穏やかなだけに入り込んでくる非日常がより恐ろしく感じる。

最終話まではとても惹き込まれる話でハラハラさせられたが
最終話はかなりもやもやさせられることになってしまった。

正直実質のネタばらしである与太話の方を読まないと全く意味が分からないと思うし
分からない故の恐怖よりも困惑のほうが大きい。逆にこの話があるからこそ
タイトルの意味もはっきり分かって素晴らしいと思うので最終話に組み込んで欲しかったなぁと、
あとより詳しい解説も欲しかったかなと思った作品でした。

まとめへのリンクはこちら。
























姉なるもの全集1


アト○ススーパースターズ2
アト○ススーパースターズ2


関連記事



関連するタグ やる夫系(完結)やる夫系(ホラー)長門有希菅野史輿水幸子鷲沢文香

まとめと感想サイトRSS

タグリスト

シンプル親子カテゴリ

月別アーカイブ(タブ)

 

アクセスランキング

忍者広告




PVアクセスランキング にほんブログ村