記事一覧

できる夫はチェルノブイリに捜し物が有るようです の感想

S.T.A.L.K.E.Rを原作としたオリジナル色が濃いストーリーのスレ。
完結済み。全24話。
水銀燈、蒼星石が登場。少々R-18表現有り。

日本人医師であるできる夫がZONEにやってきた。
精神的に不安定な所があり、何故かPDAの中からアシストしてくれる
水銀燈の補助を受けながら医者らしく人助けをしていくことになる。

過去になにかあったらしいできる夫と裏があるのは間違いない水銀燈。
伏線っぽいのが話の間に散りばめられており、後から読み直すと此処は
そういう意味だったのかとなる事が多い。

精神というかオカルト、あるいは高度なSFチックなホラーな雰囲気が
話の後半に成る程強くなっていく。PDAに化け物が侵入してきて水銀燈が犯されたり
人間に憑依して襲って来たりする。方向性としては「Dead Space」を思い出させる。
あるいは作中でも言われた電子のお化けか。

他の登場人物としては新城直衛、伊藤誠、ルルーシュ、スパイク・スピーゲルなどで女っ気はほぼゼロ。
特に新城の出番は多く、有能で冷徹ながら情に流される所もあるのが人間臭く
人間離れした登場人物が多い作品内において好感が持てる人物になっている。

中でも新城さんとスパイクがコンビ組む話はクソ渋くて大好き。こいつらコンビの話が見たいくらい。
ただPDA囮作戦は何度も見たせいか展開は予想できちゃったのが残念。

死んで精神体に成ったり肉体が変異したり水銀燈に疑念を持ったりしながら
話の裏に潜む計画、水銀燈や蒼星石の正体が明らかになる。

言われてみればうーん成程と言う終わり方で、特にフリゲで結構見るオチで
使い古されてはいるがエキセントリックな話で、脱力を覚える部分もあるものの
面白さは十分に有った作品でした。

まとめへのリンクはこちら。




















少女終末旅行 1巻


がらくたの歌
がらくたの歌


関連記事



関連するタグ やる夫系(完結)やる夫系(ゲーム原作)水銀燈蒼星石

まとめと感想サイトRSS

タグリスト

シンプル親子カテゴリ

月別アーカイブ(タブ)

 

アクセスランキング

忍者広告




PVアクセスランキング にほんブログ村