記事一覧

【真女神転生Ⅲ】ギャル夫は人修羅となりて の感想

大筋は原作ながらほぼ独自展開のメガテンⅢ原作のスレ。
完結済み。全20話。
やんねえ香、できない子、メティスが登場。

原作通り受胎が始まりギャル夫の姉であるできない子に言われた
必ず生き残ってを希望に、人修羅として各陣営に関わっていく事と成る。

他のキャラクター達もガッツリ描かれてコトワリに至るまでの経過を
しっかり説明してくれている。やる夫や翠星夫はコミカルで面白かったし
できない夫の扱いは悲惨で可愛そうだった。

ピクシーが相棒なのは嬉しい。原作では途中から喋らなくなってしまうが
この作品ではずっと相棒として会話に参加してくれる。

戦闘はギリギリで緊張感があり演出も良かったと思う。
ただ各陣営に魅力があっただけに結局戦う羽目に成るのは辛かった。
原作だと殆ど語られずあっさりしたものだから思い入れは殆ど無いのだけど
キャラの背景がキッチリしていると感情移入してしまってどうにかならなかったのかと。

読み終わってみると原作を上手に再構成した作品だなと感じた作品でした。

まとめへのリンクはこちら。












よめがみ My Sweet Goddess!


悪魔娼館
悪魔娼館


関連記事



関連するタグ やる夫系(完結)やる夫系(ゲーム原作)やんねえ香できない子メティス

まとめと感想サイトRSS

タグリスト

シンプル親子カテゴリ

月別アーカイブ(タブ)

 

アクセスランキング

忍者広告




PVアクセスランキング にほんブログ村