記事一覧

The Red Queen の話

RJ115462_img_main.jpg

クトゥルフをテーマにした18禁ホラーゲーム。
どちらかと言うと化物が彷徨く館から数々の仕掛けを解き
脱出するゲームの雰囲気のほうが強い。



RJ115462_img_smp3.jpg

サンプル画像の巨乳メガネ女教師に一目惚れして購入を決意。
セーブ箇所が1つだったり移動時引っかかる場所が多かったりで
かなり面倒な作りをしている。そのためHシーンの回収は特に面倒。
何らかのシーン開放救済かセーブ領域を複数欲しかった。

一度脱出するとOPに最初から本が置かれているのでショートカットになる。
何度も見ることになるEDのスタッフロールも飛ばせるようにして欲しかった。



・ストーリー
本の仕分けをしている高校生5人組。「The Red Queen」と書かれた本を
開いた瞬間、その本の中に吸い込まれる。本の中では怪物が彷徨き
様々な仕掛けが施された館を探索していくことになる。

置いてある本はほぼ秋香しか読めなかったり各ヒロインと行動することで
大まかな真相が見えてくることもあったり。

全員生還エンドとかは無いっぽい?



・都鳥冬海ルート攻略
本の中に入った直後は左側に逃げる。

冬海は目星を持っており隊列で前にすると怪しい地点が光ったりする。
見つかるのは基本的に2Fにある絵画に必要な切れ端でHシーンの回収のためにも
集めておく必要がある。

1F左上騎士の鍵を入手。2Fの葉月先生のところに行くと
1F調理場にコック帽の化物が出現するフラグが立つ。
2Fを探索し剣を手に入れれば化物を倒せるのでそれで倒せる。調理師の鍵を入手。

この時灰色の床を通ると都鳥が落ちてしまうので左側に
床板を置いて渡れば回避出来る。右側はこの時だけ落ちるので嫌らしい。
葉月の所に戻ると葉月は消えている。

また刺されてる女性からフルートの存在を仄めかされると
目星でフルートが見つかるようになる。
このフルートは1Fの隙間からスイッチが見える部屋で使うことが出来る。

賢吾が落ちるイベントが起きると
1Fに真っ二つにされた賢吾の死体と天使の鍵が見つかる。
2Fで衛兵の鍵を牢屋で使い悪魔の鍵を入手。

絵の切れ端を集め終わったら一旦セーブ。正気度を0にすると1FでHシーン。
絵を完成させてから正気度0にすれば入った先の部屋の額縁から覗ける部屋でHシーン。
2Fで正気度を0にした場合一旦1Fに降りれば発生する。

楽譜を集めたら1Fの噴水っぽいオブジェがある部屋に行き演奏すればクリア。



・葉月志穂ルート攻略
開始時は右でも左でも大丈夫っぽい。

1F調理場コック帽の化物を倒し調理師の鍵を入手してから
灰色の床を渡ると相方が落ちる。この場合葉月は消えずにそのまま仲間に。

2F左下に調べるとタバコっぽいもの、葉月で調べるとマリファナと判明する。
これを1Fのロウソクがある部屋で葉月で調べるとマリファナを吸ってHシーン。

2F右上に脱出用の仕掛け。
青=5、黄色=2、赤=8 
黄色だけ高等数学の知識がいる問題だが葉月が解いてくれるので問題無い。
2F右上の宝箱っぽいオブジェを下から青、黄、赤の順番に並べ替え
それぞれの数値のマスに起き、レバーを右下、左下、右上、左上の順に入力。
ヒントは1Fの左下にあり、数字のヒントは2Fにそれぞれメモが置かれている。
この仕掛けを解くと脱出可能な魔法陣が現れ触れるとゲームクリア。
部屋に入るには天使の鍵が必要。天使の鍵については上記参照。
尚この脱出方法は他のルートでも使える。



・碇星秋香ルート攻略
本の中に入った直後は右側に逃げる。

牢屋では葉月が捕まっているので冬海ルートと同上。
秋香ルートの場合恐らく賢吾が死なないので賢吾を落とし
葉月を行方不明にすると1Fトイレの所でHシーン。

1F部屋の金に変えられてる男のメモを読むと2Fに錬金術師?の化物出現フラグ。
この化物は正気度-30にしてくるので注意。耐えれば剣で普通に倒せる。
1F右上から手に入る秋香の魔術で気付かれる前に倒しても良い。

倒すと錬金術士の鍵を落とす。錬金術士の鍵で左下のドアが開く。
開いた先の本でレコードを入手。秋香に読ませると黄金の蜂蜜酒の記述があるので
錬金術士の居た所に戻り該当アイテムの横にある本を読んでから調べると
蜂蜜酒を飲んで正気度が回復する。1Fの蓄音機にかけると正気度-40になるがこれが無効化される。
ついでに秋香とのHシーンになる。

門の位置が分かったと言われるが何処かは言ってくれない。
1Fの騎士の鍵で開けられる像が4つ並べられた部屋に大きく紋章が描かれているので
それに触れれば脱出。この脱出方法の場合コック帽の化物をここまで倒さず
葉月先生消失フラグが消えないまま進めてから葉月に乗り換えてこれで脱出しても碇星秋香エンドになる。



・メイド
メイドはヒントを与えてくれる。
時計の数字も教えてくれて、左は18:18。右は23:32。
また1人で脱出するとメイドとのHシーン。



・Hシーン条件のみまとめ
都鳥冬海ルートでは目星で見つかる絵の切れ端を全部集め
完成させた後と前に都鳥の正気度を0にすることでそれぞれシーンが回収できる。
前では1Fの所、後では絵の後に開かれる部屋の絵から覗ける場所。

碇星秋香ルートはレコードをかければHシーン。
またこのルートでは恐らく賢吾が死なないので葉月と賢吾が行方不明になってから
1Fのトイレで2人がまぐわっているシーン。

葉月志穂ルートでは錬金術師の部屋の隣にあるマリファナを
1Fの賢吾が死んでいる部屋の隣りにあるロウソクを下から調べて吸うことで見れる。

1人で脱出するとメイドとのHシーン。
恐らくこれで全部。



・Hシーンに関して
Hシーンのみ音声が付く。
絵は悪くないんだけどもボイスがちょっと。声自体は置いとくとしても
一昔前のエロFLASHみたいに全く同じ発音の声の連続リピートとか
笑ってしまって正直抜けない。



・総括
フラグを考えて謎解きとシーンの回収をしていくのは面倒ではあるが楽しくも有った。
半額セールの時に買ったのでこんなものかなと言う値段だがそうでなかったら不満は大きかったかも。

自分の環境のせいかもしれないがパッドでの操作でVキーのダッシュやCキーに該当する
パッドのボタンが存在しなくて操作が不便だったり。
既に述べたが少しずれるだけでマップの障害物に引っかかり移動が阻害されたり
決して快適とは言えない操作環境には苦労させられた。

ただお目当ての葉月先生だけは声はやっぱり上記の通りなんだけど凄いエロかった。
冷静に桜坂が助けそうな相手の順位を付けて自分は最優先では無いだろうから打算で誘惑してくる
実は淫奔な女教師ってシチュは最高だったし絵も素晴らしいものだった。

館の雰囲気も各地に散りばめられているストーリーを見ていくのは面白い。
一体ここで何が起こっているのか?何故人が死んでいるのか?とか。
しかし怖さはそれ程無くて。衛兵の日記みたいな恐怖感煽る小道具はそこそこ有ったのだけど
キャラの反応は正気度が減るくらいで薄かったのが寂しい。
一々台詞入れてたらテンポ悪くなるかもしれないが。
不意打ち的な仕掛けは殆ど無いがむしろああいうのは好きじゃないので良かった。

単純に操作面で不満が残ったりもう一押し欲しかったストーリーなど色々惜しいなと思った作品でした。










The Red Queen
The Red Queen





関連するタグ

まとめと感想サイトRSS

タグリスト

シンプル親子カテゴリ

月別アーカイブ(タブ)

 

アクセスランキング

忍者広告




PVアクセスランキング にほんブログ村