記事一覧

やらない子と学ぶバスケ分裂問題 の感想

日本のバスケットボールリーグが何故分裂する事になったのか、
その問題と腐敗体質を鋭く描いた問題作なスレ。
完結済み。全5話。
やらない子が登場。

現在では統合されているがかつて日本には2つのリーグが存在し
bjリーグがプロリーグでNBLがセミプロリーグ。
しかしセミプロであるNBLの方がレベルは高いとされていて
さらにJBAにより正式なリーグと認められている。

どうしてこんな複雑なことに成ったのかが語られるのだが……。
これがまあ本当に酷い。その腐りっぷりは事実は小説より奇なりを地で行く酷さで
フィクションの悪徳貴族がマシに見えるほど。

やる気ないのにプロリーグ開設の音頭を取り、案の定お流れになったので
JBAから独立する形で作られたのがbjリーグなのだが、これが気に入らないと言うことで
今まで全く乗り気でなかった癖に急にJBAもプロリーグ化(JBL)するという開いた口が塞がらない経緯。
何気にbjリーグの成り立ちと商売方法も結構面白い。ああそういうのがあるのかって。

ええ~?流石に悪役にするために盛ってるんでしょ~?と思って少し調べてみたら
バッチリソースが見つかって笑うしかない。やらない子の「何がしたかったのよ……」は
あらゆる意味で完全に同意してしまう。
こうしてJBLとbjリーグの対立が始まり、さらに深まっていくことに。

海外から来たヘッドコーチであるジェリコの話は本当に辛い。
JBAの口の出し方が完全に3流の悪役のそれで恥ずかしさすら覚える。
43年ぶりに勝利に導いた監督に対し最後まで泥をかけるのは信じられない。

巨額の赤字、まるで進まない対話、立て続けに連敗する国際試合、
まざまざと見せつけられる内情。ちょっと読んでて笑いすぎて疲れてきた所で
ここまでが前振りと言われる。えっ!これまだ前振りなの!?

途中挟まれる日本と海外でもルール事情などバスケそのものについての話も
かなり面白いのだが、要は金の問題であるプロに踏み切れない実業団の実情と
再び噴出するプロリーグ化問題と過去の禍根がいまだに消えず。

結局あらゆる問題が解決せず、その問題の中で最も簡単なのが分裂問題という。
ただこれはこれが書かれた1年後に統合リーグであるJPBLによりBリーグが設立され無事に解決。
最後の補足でその事が解説されている。他の問題もほぼ解決で大勢は決したようで
ここで言われた問題は何とか2020年のオリンピックまでに間に合ったようである。

バスケについての知識は面白かったし非常に楽しめたけど
呆れ果て笑い果て疲れる話でもある作品でした。

まとめへのリンクはこちら。











B.LEAGUE 完全ガイド


関連記事



関連するタグ やる夫系(完結)やる夫系(歴史)やる夫系(学ぶ系)やらない子

まとめと感想サイトRSS

検索フォーム

タグリスト

シンプル親子カテゴリ

月別アーカイブ(タブ)

 

アクセスランキング

忍者広告




PVアクセスランキング にほんブログ村

アクセスカウンター