記事一覧

【R-18】もえもえドラクエⅤ の感想

一部モンスターが美少女だったり確かにもえもえではあるのだが
かなり重たいシリアスな場面も多い「ドラゴンクエストⅤ」を原作にしたスレ。
エター。ほんの僅かながらR-18描写がある。欠損もあるのでGも付くかもしれない。

ゲルトルート・バルクホルン、古谷向日葵、大室櫻子、鹿目まどか、
天海春香、高町なのは、高坂桐乃、ゆの(ひだまりスケッチ)、天江衣など
多数登場し多数死ぬ。

パパス役が杏子でマーサ役がさやかというどうやって産まれたのか
謎な主人公「ああああ」の冒険譚。大筋は概ね原作通りではあるが
独自の展開と掛け合いが多くほぼオリジナルエピソードと言っても過言ではない。

原作が重いだけにやはり重い展開が多い。美少女キャラだらけなので
絵面は可愛いしコミカルな展開が合間合間に挟まってくるため
読むのが辛くなってくるほどシリアスな空気には成らなかった。
小説版並にメインキャラでも容赦なく死んでいくが。

辛さで言えば師匠スライムとせみもぐらがさり気なく死んでるのは結構キツかった。
幼少期に鍛えてくれて仲良くなった魔物がラインハットの侵攻時に
村人を守るため身を挺して囮になって死んだというのはキツイ。

ジャミ戦もやはりドギツイ展開だったものの親子喧嘩は中々感動的だったし
天空の剣がマイトガインだったりで楽しめたが残念ながらエター。
最終決戦までもう少しという所だったので悔やまれる作品でした。

まとめへのリンクはこちら。

なお纏めがエターなせいか続きは纏められておらず
47話以降の過去ログはこちら。
その13まで過去ログがある。













ニンテンドーDS版 ドラゴンクエストV 天空の花嫁 公式ガイドブック


たゆぺた
たゆぺた


関連記事



関連するタグ やる夫系(ゲーム原作)ゲルトルート・バルクホルン古谷向日葵大室櫻子鹿目まどか天海春香高町なのは高坂桐乃ゆの(ひだまりスケッチ)天江衣

まとめと感想サイトRSS

検索フォーム

タグリスト

シンプル親子カテゴリ

月別アーカイブ(タブ)

 

アクセスランキング

忍者広告




PVアクセスランキング にほんブログ村

アクセスカウンター