記事一覧

彼らはキラークイーンで最後まで殺し合うようです の感想

シークレットゲーム-KILLER QUEEN-を原作とする、所謂
デスゲームやバトルロワイヤルと言われるジャンルの作品。
完結済み。

拉致された13人が賞金10億を餌に殺し合いを始める話。
ゲームルール的には協力して殺し合いを回避することも
可能であるし、この手の話ではそういう主張をするキャラもいたり
本気でこのゲームに乗リ出すのは少数派であるのだが
この作品は全員が殺害を想定して動くというのが特徴的だった。

番外の悪ふざけが悪趣味過ぎると思ったけど最後の番外を見て
成る程超悪趣味である事を理解し納得と同時に感心した。
よく考えいてるなと。

とにかく参加者が全員腹黒い。6話くらいから神の視点が開放され
キャラクターの内面が見られるように成るのだが全員何かしら
企んでいるし相手のことなんて欠片も信じていない。いつ裏切って
やろうか、いつ本性を出すのがベストなのか、そんなのばかりである。
読み合いと駆け引きがスリルあって面白い。

言ってしまえば全員(キチガイで)悪党なのだがそれぞれ特徴が
ハッキリしていて個性派揃いである。キャラを掘り下げようと思えば
もっと掘り下げられただろうが、もしそうなったらテンポが悪くなって
いただろう。話としては十分だが読みたくもあり口惜しい点である。

そんな人達であるので最後までどうなるか分からない。
仕掛けられた罠やピンチをどう切り抜けたりするのかが見所で
決着が付くまでとてもハラハラさせられた作品でした。

まとめへのリンクはこちら。






















僕らの人狼裁判



関連記事



関連するタグ QUEEN-やる夫系(完結)できない子水銀燈やる実暁美ほむらレヴィ(ブラックラグーン)西園寺世界麦野沈利

まとめと感想サイトRSS

タグリスト

シンプル親子カテゴリ

月別アーカイブ(タブ)

 

アクセスランキング

忍者広告




PVアクセスランキング にほんブログ村