記事一覧

サキュバスの誘惑トラップダンジョン の話

RJ275728_img_smp1.jpg

サキュバスに捕まった子供達がダンジョンから脱出する18禁RPG。
ゲーム部分は抜き特化で簡単と言えば簡単だし難しいと言えば難しい。
ゲーム付きのCG集と考えたほうが良いかも知れない。

絞られるショタがメイン的なCGもあるのでショタや男の娘要素も若干感じる。

ダンジョンはシンボルエンカウント式で
サキュバスではない普通のモンスターも彷徨いているが
こちらを発見して襲ってくるようなアクションはせず
本当にうろうろしてるだけなので避けるのは容易。

倒しても経験値が渋いので特に意味はないだろう。
と思って進むとレベル3の時点で5は無いと辛いと言われて
びっくりしたのだが、そのエリアには経験値が多い上に弱い
雑魚モンスターのラッキースケルトンが彷徨いている。
倒しても階段を上り下りすれば復活するので安心。

自動文字送り機能無し。



・戦闘に関して
サキュバスとの戦闘では運が非常に絡む。
誘惑状態になると無抵抗に成ってしまい一方的に攻撃されるからだ。
出来れば攻撃台詞は多めが良かったし誘惑に乗るかどうかの
選択肢があればもっと良かった。

また敵の攻撃はかなり激しい。ひたすらヒールを
連打させられる場面も少なくなかった。
というか基本的にHPが半分を切ったら必ずヒールし
溜まったTPで攻撃するのが無難だった。

何故なら猛攻的な連続攻撃や拘束技を
容赦なく連発してくる事があるので。

タイトル通りの誘惑に重点がある攻撃だったら可愛気もあったのだが……。

レベル5になると全体攻撃魔法を覚えるので雑魚戦は大分楽になる。
威力も高いのでサキュバスとの戦いでも活躍してくれる。





・総括
総プレイ時間40分。

キャラ数は10人くらいなのでまあこんなものかなという程度。
誘惑トラップダンジョン、という割には誘惑もトラップも少ないし
引っかかるとHシーンの後にゲームオーバーという即死トラップなため
徐々に追い詰められる、嫐られるような感覚が好きな自分には好みではなかった。

ただ最後の脱出直前で連れ戻されてそこが回想部屋になるというのは
捻ってるなと思って感心した。

絵が好みな人向けだと思う作品でした。
関連記事



関連するタグ

まとめと感想サイトRSS

検索フォーム

タグリスト

シンプル親子カテゴリ

月別アーカイブ(タブ)

 

アクセスランキング

忍者広告




PVアクセスランキング にほんブログ村