記事一覧

やる夫たちはちょっとレトロなゲームで遊ぶようです の感想

今となってはちょっとどころでは無いかもしれないが
プレステ、サターンとそれ以前のゲームを
やる夫達が楽しみながら遊んでいくスレ。完結済み。
本編17話と小ネタなどが40話くらい。

長谷川千雨、泉こなた、柊かがみ、朝倉涼子、鏡音リンなどが登場。

まとめサイトではゲーム画像も載せられており
非常に分かりやすい作りとなっている。

概要紹介という感じではなく内容もかなりしっかり伝えて来る。
プレイして良かった面、悪かった面、ストーリーの感想など
完全なネタバレではないが語っている。

個人的にあーと思わせられたのは4話のNoelの回。
最初何をやっているのか疑問に思ってたらあの会話システムを表現してたのね。

ゲーム以外にも番外では懐かしいラノベや漫画、
エロゲのネタを使用している。

レトロゲーの範囲からどんどん広がりネタを使った登場キャラクター達の
日常物の雰囲気が強くなっていく。今でいうと1人のゲーム実況動画ではなく
多人数がワイワイやっているのを眺めている感覚に近い。

この系統には珍しくキャラの掘り下げも大分やっててキャラが濃いせいかそう感じる。
実際完結編的な意味合いだろう~........ようですではキャラのその後が中心に描かれている。
というかレトロカルチャー語り物でもあり日常物でもあり恋愛物でもあるか?

レトロな話題が分かればより面白いが分からなくてもそうしたキャラの面白さで
読めると思う作品でした。

まとめへのリンクはこちら。















ハイスコアガール



偶像白濁


関連記事



関連するタグ やる夫系(完結)やる夫系(恋愛)やる夫系(日常物)長谷川千雨泉こなた柊かがみ朝倉涼子鏡音リン

まとめと感想サイトRSS

検索フォーム

タグリスト

シンプル親子カテゴリ

月別アーカイブ(タブ)

 

アクセスランキング

忍者広告




PVアクセスランキング にほんブログ村

アクセスカウンター