記事一覧

AAで学ぶネット事件簿 の感想

モキュメンタリーという架空の出来事をドキュメンタリー風に
描いた作品。完結済み。ジャンルは近未来SFに感じた。
現代に通じる用語を用いながらありえなさそうでありえそうな
AIを利用した独裁、暴走、SNS村八分、大規模な編集合戦、
テロリストに人質に取られる二次元の彼女、ネットワークを
利用した多数決裁判などの事件が描かれる。

ドキュメンタリー風な作りもあるせいかまるで本当にあったかの
ように錯覚させてくる。よくよく考えればありえないのだが。
語りが上手いせいもある。ネットユーザーは回線が重いと
ハイになる現象に用語が作られていたり雰囲気を出すための
小ネタもよく出来ている。

最終回は核戦争というかなり突拍子も無い話があったりしたが
LGBT差別を許さない人達による大量虐殺といった
制御不能になった正義感の行く末は中々怖かった。
ほぼネット上で行われてる話が多いのにリアルが絡んでくるからかな。
ネタと演出が鬼気迫る出来で面白い作品でした。

まとめへのリンクはこちら。


























ディストピアの略奪者 ―The weakest go to the wall―



関連記事



関連するタグ やる夫系(完結)やる夫系(SF)やる夫系(サスペンス)

まとめと感想サイトRSS

タグリスト

シンプル親子カテゴリ

月別アーカイブ(タブ)

 

アクセスランキング

忍者広告




PVアクセスランキング にほんブログ村