記事一覧

生活の柄~幻想郷放浪記~ の感想

東方の二次創作。何樫と言う浮浪者が幻想入りをして各地を旅し
妖怪たちと交流していく物語である。完結済み。淡々とした文章と主人公の性格が
癖になる作風でとりあえず数話を試しに読んで合いそうならお薦め。
性欲は既に枯れ果ててるらしくそういう展開は一切ない。が、女の子の反応は可愛らしいので
それ目当てでも楽しめると思う。あざといのや狙いすましたのが無いのが良い。

旅好きが高じて浮浪者になったという出だしからも分かる通り主人公はかなり変わった性格をしている。
印象としてはおじさんか初老。少々偏屈というか頑固なところがありそこが魅力的である。
幻想郷の一癖も二癖もある住人たちと実に相性が良くみえた。加えて会話のテンポが良いので読みやすい。
屁理屈でやり込めようと(恐らく本人にはやり込める気は一切ないのだろうが)するのも面白い。
ドキドキするような冒険譚などは無いが幻想郷の平和な日常と生活する妖怪・人々を描いており
それが良いなあと思える作品である。

元記事消滅済みです。

















幻想人形演舞



関連記事



関連するタグ 東方二次創作(完結)二次創作(日常)

まとめと感想サイトRSS

タグリスト

シンプル親子カテゴリ

月別アーカイブ(タブ)

 

アクセスランキング

忍者広告




PVアクセスランキング にほんブログ村